夏は山歩き、秋から春は古墳中心の遺跡巡り。主に筑後地区ですが、いつかは、全国へ・・・

立山山古墳群 8号墳

立山山古墳群の多くが、運動公園のグランドや駐車場になってしまいました。
立山山古墳群

8号墳

周溝34mの古墳群では盟主的大型円墳です。
消滅しましたが、貴重な遺物がたくさん出土しています。

調査対象となる前の古墳
8号 (7)


調査後の横穴式石室
8号 (10)

金製垂飾付耳飾  ほぼ純金で美しい
8号 (13)

人物埴輪 出土したのは首飾りより上と右の美豆良、肩、腕の一部だけですが・・・
8号 (12)

襷をした埴輪 左手首にはおしゃれな玉飾り
8号 (14)

人物埴輪は、破片のみなど展示されていないものを含め最低10体ほど出土したようです。
8号 (11)

馬、猪の埴輪   出土したのは一部で、ほとんどが復元ですが・・・  
8号 (5)


8号 (9)

円筒埴輪他多数の馬具、装身具、武器等が出土しています。
8号 (6)

資料:岩戸山歴史資料館、立山山古墳群(八女市文化財調査報告書第10集)

「城野遺跡公園」の実現へ  ”まりこふん”北九州市に初降臨

 北九州市小倉南区の城野遺跡が危機に瀕しています。

 九州最大規模の方形周溝墓、水銀朱がたっぷりと塗られた幼児の石棺2基、その石棺には方相氏と思われる絵画?が発見された弥生時代の貴重な遺跡です。さらに、九州では2例目の玉作り工房も発見されています。
城野遺跡 (8)

方相氏 【宮中で、追儺(ついな)のとき悪鬼を追い払う役。黄金四つ目の仮面をかぶり、黒い衣に朱の裳(も)を着、矛と盾を持ち、内裏の4門を回って鬼を追い出した。】(コトバンクより)
幼児石棺の枕元にこの方相氏と思われるものが描かれていました。子を思う親の願いが感じられます。
城野遺跡 城野遺跡 (10)


 この1800年の眠りから目覚めた遺跡が消滅しようとしています。
 せめて、遺跡公園として、後世へ伝えるのが今を生きる私たちの使命ではないかと「城野遺跡の現地保存をすすめる会」の市民の会がありました。
城野遺跡 (7)

城野遺跡 (6)

城野遺跡 (5)

この市民の集いに”まりこふん”が降臨しました。

城野遺跡 (3)

城野遺跡 (1)

城野遺跡 (2)

最後に”ふるさと”を会場全体で熱唱
城野遺跡 (9)

ふるさとの風景、宝を未来へ残したい。

発掘調査の貴重な記録が公開されています。
石棺の蓋を開ける瞬間は感動です。

立山山古墳群 1~7号墳

八女市大字本字丸山、立山山、立山

立山山古墳群

八女市東部にある40数基からなる古墳群ですが、運動公園建設に伴い多くが消滅しました。
しかし、未発掘や国指定史跡等いくつかの古墳が残っています。

1号墳(丸山古墳

国指定史跡の前方後円墳で立山山古墳群の丘陵の最南部にあります。
1号 (1)

石室は未調査で不明ですが、他の古墳から推察すると副葬品を含め期待できます。

1号 (2)

後円部より前方部を
1号 (3)

2号墳

1号墳の北西50mほどの所にありましたが、墳丘も石室も消滅しています。
この観音堂は古墳跡に鎮座しているようです。
2号 (1)

このあたりに、左側壁の腰石4個とその上に石積みが少し残っていたようですが、今はありません。
2号 (3) (800x600)

昭和57年発掘調査時の写真(調査報告書より)
2号 (2)


3号墳(団蔵塚古墳) 

古墳群の東端の竹林の中にある巨石円墳。
3号 (4)

羨道
3号 (3)

玄門
3号 (1)

奥壁
3号 (2)

石室出口
3号 (5)

4~5号墳

このあたりにあるはずですが、確認できませんでした。
4,5号 (800x600)

6号墳

径2mほどの盛土が残っています。
6号 (800x600)


7号墳

径20mほどですが、頂部は削られています。
7号 (800x600)

石材が散乱しています。
7号 (2) (800x600)

佐賀インターナショナルバルーンフェスタ その2

ニャース登場
バルーン2 (13)

観客の中を
バルーン2 (1)

ワープ
バルーン2 (15)

鯉太郎と引っかかってしまいました。
バルーン2 (10)


ヘリコプターも見学
バルーン2 (14)

バルーン2 (7)

鳥さんも
バルーン2 (3)

操縦者です
バルーン2 (2)

地上では、JRの白いかもめの上を
バルーン2 (9)

ハウステンボス号がそばを
バルーン2 (12)

風任せで飛んで行ったバルーン
バルーン2 (4)

馬頭観音さまも見物・・・
バルーン2 (6)


バルーン2 (16)

地上へ着陸して終了となりました。
バルーン2 (8)

こんな所へも。ちゃんと田んぼの中ですけど・・・
バルーン2 (5)

今年も楽しいバルーンフェスタでした。

佐賀インターナショナル・バルーン・フェスタ その1

2017佐賀インターナショナル バルーン フェスタ

バルーン (7)


今年は、早朝からスタンバイ

バルーン (12)

始まりました・・・
バルーン (11)

次々と空へ
バルーン (8)

バルーン (6)

バルーン (5)

バルーン (1)

たちまち空いっぱいに
バルーン (3)

昇る朝日の下で
バルーン (2)

そして小城市の方へ
バルーン (13)

思わず踊りたくなるように、リズミカル・・・
バルーン (10)

川面にも
バルーン (4)

競技飛行が終了すると、バルーンファンタジア。
対岸から見てみました
バルーン (16)

バルーン (14)

バルーン (15)

みんなメイン会場を見ています。
残念ながら、ダースベーダーやヨーダの顔を拝見することができませんでした。

こんなものを見ました、を次回。
プロフィール

筑後国造

Author:筑後国造
遺跡、特に古墳、山登り、地図そして高いところが大好き。郷土の先人、筑紫国造磐井様より一部名前を拝借しております。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
タグリスト

月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示