夏は山歩き、秋から春は古墳中心の遺跡巡り。主に筑後地区ですが、いつかは、全国へ・・・

瀬織津姫と古墳 八女市 釜屋神社(立花)

八女市立花町田形

釜屋神社

御祭神:罔象女命(みつはのめのみこと)(彌都波能賣神)・瀬織津姫命速秋津姫命

釜屋神社(立花) (1)

拝殿は川に向いているため、正面から撮れず・・・
釜屋神社(立花) (3)

神使は、何故か、石馬  磐井一族でしょうか?
釜屋神社(立花) (2)

そばを流れる矢部川は、竜宮伝説があり、釜屋淵は竜宮城への入口とされ、鮮やかなコバルトグリーンが印象的です。
釜屋神社(立花) (4)



釜屋神社のそばの山の南麓

浦田古墳
浦田古墳

後田横穴墓群
後田横穴墓g

瀬織津姫と古墳 みやま市

神功皇后ゆかりの神社を散策している途中、瀬織津姫を祀った神社がありました。
瀬織津姫は、歴史から封印された謎の女神で水神、滝神、河神です。
筑後地方では、祀られている神社を、まだ矢部川流域にしか見出せていません。
まずは、みやま市内の3社。

みやま市瀬高町文廣

潮斎(しおい)神社


御祭神:瀬織津彦姫神、瀬織津姫神

矢部川堤防そばの田んぼの中に、のどかに鎮座しています。
潮斉神社 (2)

祠のみです。
潮斉神社 (1)


みやま市瀬高町有富

若宮神社

御祭神:菅原神・兒屋根命・少彦名命・瀬織津姫命・武内宿禰命

若宮神社

若宮神社 (1)

干珠、満珠の玉を持った女神(豊玉姫と玉依姫)を囲んだ19体のカッパ像が安置されていますが、普段は見られません。
若宮神社 (2)


みやま市瀬高町大神

乙宮神社

御祭神:豊玉姫神

矢部川支流の大根川のそばにあり、瀬織津姫と直接のつながりはありませんが、乙宮神社の由来縁起の中に、下記の天道社の祭神の記述があるそうです。
乙宮神社 (2)

社殿は無く、基壇のみが残り、神社は近くの下小川八幡神社に合祀されています。
乙宮神社 (1)


天道社

御祭神:罔象女(みずはのめ)神・瀬織津姫神

乙女神社と溝を挟んだ所に鎮座しています。右後ろに乙女神社の基壇が見えます。
天道社
「主神は女神像で異国風の衣装。頭巾らしきものを被り、頭部に「猿頭」を刻む。 脇にカッパ像がある」という。(ひもろぎ逍遥より)
管理されている方がお留守の為、拝観できませんでした。


下小川八幡神社

御祭神:応神天皇・武内宿禰・住吉神

下小川八幡神社 (4)

本殿内に、乙女神社が合祀されています。
下小川八幡神社 (2)


観音堂古墳?

乙女神社のそばの小さな高まり。石棺が出土したため、観音堂を建て、供養したそうです。
観音堂 (2)

周辺に石材らしきもの。
観音堂 (1)

福岡城の晩夏

久しぶりに福岡城へ 

9月になりましたが、まだまだ暑い日が続いています。

天守台より
福岡城 (16)

往時はこのような姿か
福岡城 (18)

東御門跡
福岡城 (17)

桐ノ木坂御門跡
福岡城 (9)

福岡城 (13)

福岡城 (14)


多聞櫓の角櫓
福岡城 (12)

多聞櫓の長塀は修復工事中
福岡城 (1)

石垣にしっかりと根付いた樹木
福岡城 (8)

祈念櫓の屋根に何かが・・・
福岡城 (3)

何と、鯱のそばに、根付いていました。
福岡城 (2)

空には・・・
福岡城 (15)


お堀を見ると、蓮がまだ咲いていました。
福岡城 (4)

福岡城

睡蓮も
福岡城 (6)

福岡城 (11)

福岡城 (10)

今年こそ、福岡城の紅葉を楽しみたい・・・



神功皇后伝承と古墳 風浪宮・皇后社

神功皇后の田油津姫討伐については、諸説ありますが、大牟田の黒崎から瀬高へ向かったという説をたどってみました。

きっかけは、地元の方が、「町誌と地元の伝承は異なり、その町誌を基に、諸説が展開されている。」との一言でした。

最後に、神功皇后が朝倉の羽白熊鷲討伐から田油津姫討伐の為、有明海へ出るのに、筑後川を下って立ち寄ったと思われる神社をもう一つ。

大川市酒見

風浪宮

御祭神:住吉大神・息長足姫命(神功皇后)・少童命・高良玉垂命

「神功皇后の三韓御親征の砌、少童命の御神徳による開運と航海安全の御加護とを多として、皇后の勅命により時の海上指揮を仕え奉った阿曇磯良丸をして少童命を祀らしめ、承和年間に左右三神を配して、風浪大權現、風浪将軍、のちに風浪宮と称号す」 (風浪宮縁起)


風浪宮 (3)

拝殿
風浪宮 (2)

風浪宮 (1)

本殿   3年後に建て替えとなりますので、現在の本殿の姿はもうすぐ見られなくなります。
風浪宮

境内には、樹齢2000年といわれる、白鷺の楠
風浪宮 (4)

熊本地震の被害は、大川市まで及んでいました。
風浪宮 (2)
(久留米市埋蔵文化センター展示より)


磯良塚
直径4mの巨石
磯良塚 (1)

磯良丸の墓とされていますが、日本最大規模の支石墓のようです。
磯良塚 (2)

神功皇后の航海の際、かじ取りをした磯良丸
風浪宮 (5)


境内には、八女市より岩戸山古墳の石人、石盾が寄贈されていましたが、重要文化財に指定されたため、八女市に里帰りし、レプリカが展示されています。
岩戸山石人 (3) 岩戸山石人 (2)

本物の石盾は「いわいの郷」にありますが、石人の方はまだ見たことがありません。太刀を帯びたものは国立博物館にありますが、手の表現がありませんし・・・   (後日、頭部が一部欠損した手の表現も同じ石人が、以前岩戸山歴史資料館に一時展示されていたことが判明しました)
岩戸山石人 (1) 岩戸山石人 (4)







風浪宮の北300mほどの所に、沖詣り海神祭として、風浪宮から小船で、沖に降臨する神霊をお迎えに行く神事を行うため、拝礼に向う場所があります。

皇后社

御祭神:神功皇后

皇后社 (1)

皇后社 (2)

大川市では古墳を見つけられませんでしたので、代わりに

大川市小保

粟島神社(淡島さん) 

御祭神:少彦名命・大己貴命・息長足姫命(神功皇后) 文献では未確認

超小さい鳥居   裏に回ると・・・
粟島神社 (1)

古墳の石材にもみえる巨石が御神体  これも支石墓の石のようです。
粟島神社 (2)

同じ小保八幡神社の境内には、長さ2.6mの謎の巨石も・・・
小保八幡神社  


いつか、田油津姫の立場から見直してみたいのですが、資料がほとんどありません。
地道に伝承、伝説を追いたいと思います。


神功皇后伝承と古墳 諏訪神社

息長足姫命當郡大塚の里に土蜘蛛田油津姫退治の節、朝敵降伏の為に諏訪神を祭り、御社を山の谷合に建てられし處・・・
(諏訪神社由緒)

神功皇后は、田油津姫討伐の為、諏訪神を勧請し、周到な準備をしていたようです。


みやま市瀬高町本吉

諏訪神社

御祭神:建御名方神

鳥居
諏訪神社 (6)

楼門
諏訪神社

荘厳な拝殿
諏訪神社 (5)

諏訪神社 (1)

幣殿と本殿
諏訪神社 (3)

本殿

諏訪神社 (2)


参道脇に

宮地嶽神社

御祭神:神功皇后

宮地嶽神社




諏訪神社の背後にある砂防ダムの工事用道路建設の際、装飾古墳が発見されました。

成合寺谷古墳

石屋形
成合寺谷古墳 (3)

石棚天井石前縁赤色の三角文と白色の菱形文、塗り残しによる緑の三角文
成合寺谷古墳 (6)

顔料による装飾が前室、後室の周壁、袖石とまぐさ石の下面、石棚の天井石前縁部、袖石で確認されています。
成合寺谷古墳 (4)
(みやま市歴史資料館展示資料)

複式横穴式石室ですが、石室保護のため封鎖されています。
成合寺谷古墳 (7)

成合寺谷古墳 (1)

麓から見た成合寺谷古墳。
成合寺谷古墳 (8)

プロフィール

筑後国造

Author:筑後国造
遺跡、特に古墳、山登り、地図そして高いところが大好き。郷土の先人、筑紫国造磐井様より一部名前を拝借しております。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
タグリスト

月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示