夏は山歩き、秋から春は古墳中心の遺跡巡り。主に筑後地区ですが、いつかは、全国へ・・・

善一田古墳群 現地説明会

大野城市乙金東1丁目

善一田古墳群

現地説明会があり、18号墳が公開されました。(古墳群の写真を撮り忘れたので、これだけは平成28年9月撮影)
善一田古墳群 (1)

石室入り口から見た眺望
善一田古墳群 (9)

16号墳と出土遺物   18号墳へは、急傾斜を登ります。
善一田古墳群 (26) 善一田古墳群 (29)

18号墳は二段築成で、南北22m、東西25m、高さ4.8mの大きな円墳   ようやく、石室入口へ
善一田古墳群 (27) 善一田古墳群 (10)

羨道側壁
善一田古墳群 (22) 善一田古墳群 (21)

前室入口  玄室入口には梱石も
善一田古墳群 (20) 善一田古墳群 (8)

前室
善一田古墳群 (13) 善一田古墳群 (12)

前室を玄室より  前室全体と玄室入口付近に敷石が残っています。高さは低いが幅の広い袖石。
善一田古墳群 (7) 善一田古墳群 (3)

いよいよ、玄室へ


狭い石室の奥壁には、高さ2.5mの巨大な鏡石
善一田古墳群 (19)

左側壁には、横長の腰石   1個だけ用途不明の石。
善一田古墳群 (16) 善一田古墳群 (5) 

右側壁は、2個の大きめの腰石 
善一田古墳群 (17) 善一田古墳群 (18)

3.5mの高い天井には、3個の天井石  上部に行くほど、小さい石で持ち送りをしています。
善一田古墳群 (2) 善一田古墳群 (15)

低い袖石の上に巨大な楣石  
善一田古墳群 (6) 

遺物には、三累環頭大刀柄頭や奈の文字が入った須恵器なども。
善一田古墳群 (25) 善一田古墳群 (24)

善一田古墳群 (11)

福岡空港から、頻繁に飛び立つ航空機も・・・
善一田古墳群 (23)

古墳公園として、整備されるのは4年ほど先とか・・・
しばらくは、シートに覆われたままのようです。
善一田古墳群の情報を提供して頂いた、”いまではおっさん”さん”、”Y”さん、ありがとうございました。


 
コメント
不覚!!!
・・・・・・今知りました。・・・・・ショックです。  見たかったなあー
何か有りそうな予感がしていたのですが、自宅と目と鼻の先のここに気づきませんでした。一生の不覚です。
下馬場古墳や寺徳古墳の石室と比べて大きさはどの程度のレベルですか?
また、一番上の古墳以外には入れなかったのですか?
2016/11/24(木) 01:19 | URL | 蕨手 #-[ 編集]
珍しいものありますね!
三環頭柄頭はとても珍しいもので、確か田川の夏吉21号で出ていたのではないでしょうか?
また、側壁沿いに置かれた石は、少し長いですが、丸い窪みもありますし、燈明台と考えられるのではないでしょうか?
解説資料ありましたら公表いただくと幸いです。
2016/11/24(木) 01:24 | URL | 蕨手 #-[ 編集]
蕨手さんへ
今回は、18号墳のみの公開でした。
石室は、5人ずつ、交代入出をしなければならないほどの広さ。墳丘の大きさからするとかなり狭い石室でした。
用途不明石材については、配布資料に、石室についての実測図や詳細な説明がないし、現場では不明です、とのことでした。燈明台にしては、狭い石室に、大きすぎるような気もしますが、可能性はあると思います。石室内に準備されていた照明もこの上に置いてありました・・・
三累環頭大刀柄頭も、夏吉21号やみやま市の東濃施古墳で出土しているようです。
現地説明会については、古墳公園完成までに、何回か行われるようです。
2016/11/24(木) 04:54 | URL | 筑後国造 #-[ 編集]
しまった・・・
しばらく福岡を離れていたので見逃しました(/_;)

あの鏡石は直に見たかったな~
市の広報誌には大人が万歳出来るほど中は広々としていると書かれていましたが、それほど広く無い様ですね。

自分の何気ない一言に反応して、興味をそそられる体験談を報告して頂きありがとうございます。

次回は参加出来るといいな~。
2016/12/20(火) 01:20 | URL | いまではおっさん #X.Av9vec[ 編集]
いまではおっさんさんへ
石室自体は狭いのですが、天井は高かったです。
原寸大パネルが、大野城市の歴史資料展示室に展示してあるそうです。
今回は18号墳だけでしたが、他の保存される古墳等も、いずれ現地説明会があるのではないでしょうか。
また、情報がありましたら、よろしくお願いします。
2016/12/20(火) 18:22 | URL | 筑後国造 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

筑後国造

Author:筑後国造
遺跡、特に古墳、山登り、地図そして高いところが大好き。郷土の先人、筑紫国造磐井様より一部名前を拝借しております。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
タグリスト

月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示