夏は山歩き、秋から春は古墳中心の遺跡巡り。主に筑後地区ですが、いつかは、全国へ・・・

石人山古墳の武装石人

石人山古墳の石棺を守る石人

信仰の対象となっていたため、頭部の磨耗が著しい。
石山 (1)

背中はさらに痛々しい  横から
石山 (2) 石山 (7)

甲冑の一部には、赤色顔料がまだ残っています。
石山 (6) 石山 (4)

久留米の先人 矢野一貞著 の「筑後将士軍談」(1863年)にはまだ、顔の表情や甲冑の詳細が描かれています。
しかし、千年以上保たれた姿が、わずか150年ほどで、ご覧のような現状です。
石人 (1) 石人 (2)


同心円文等の線刻はもう見られません。

石棺、石人を後世に大切に伝えたい石人山古墳です。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

筑後国造

Author:筑後国造
遺跡、特に古墳、山登り、地図そして高いところが大好き。郷土の先人、筑紫国造磐井様より一部名前を拝借しております。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示