夏は山歩き、秋から春は古墳中心の遺跡巡り。主に筑後地区ですが、いつかは、全国へ・・・

湯崎2号墳 線刻

線刻は、多数見られますが、紛らわしいものも

左袖石 舟かな?  船尾に船具?のようなもの。 船首は線刻が薄れています。
左袖 石 (4)

玄室左側壁 腰石
左側壁腰石 (3)

羨道右側壁
右羨道

以下は、線刻が浅かったり、劣化しているため、見えにくいものです。
クリックして、拡大すると見えるかも。

羨道右側壁   
左羨道 (1) 左羨道 (2)

左袖石
左袖 石 (1) 左袖 石 (2)

右袖石  右は落書きかも
右袖 (1) 右袖石

左側壁
右側壁

まぐさ石
左まぐさ (1) 右まぐさ

落下したまぐさ石  断面からすると、最近落下したようです。
落右まぐさ

この他にも、奥壁に微妙なものも、気づかなかったものもあるかもしれません。

古墳の位置は、装飾古墳データベースの古墳位置より、直線距離で400mほどの山の中の林道より少し入った所
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

筑後国造

Author:筑後国造
遺跡、特に古墳、山登り、地図そして高いところが大好き。郷土の先人、筑紫国造磐井様より一部名前を拝借しております。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
タグリスト

月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示