夏は山歩き、秋から春は古墳中心の遺跡巡り。主に筑後地区ですが、いつかは、全国へ・・・

女山神籠石 列石D区

列石D区  No.287~381

列石C区から170mほど列石は確認されず、突然、No.287石が現れる。
よく見ると、大きな石はNo.288で、そばに小さな石が・・・ これがNo.287で上部が破損しています。
D287~  D-287

No.287からNo.347まで70mほど、延々と続きます。一時見られなかった、L字形加工も見られます。
D-300~ (2) D-300~ (1)

D-300~ (3) D-300~ (4)

No.347石  すぐ下にNo.348石が埋没しています。
D-347.jpg D-348.jpg

5mほど途切れて、No.349からNo.353までの5石。この5石は地滑りで押し出されています。
右上にNo.347石が見えます。 このNo.353石のL字形加工は美しい。
D-353~  D-353 (4)

No.353石から7mほど離れた、散策路をはさんだ反対側に石が転がっています。No.356石で、L字形加工が見られます。
No.354,355石は埋もれているようです。
D-356 (1) D-356 (2)

ここからさらに下り、黒岩溜池からの散策路との合流地点から再び現れます。L字形加工も。
D-357 (1)  D-357

No.357石からNo.381まで10mほどの列石。右のNo.381石でしばらく途切れますが、下の方に・・・
D-357~  D-381.jpg 

列石の石が転がっています。
D-381外 (4) D-381外 (3)

この落下した石の辺りから、E区まで60mほど列石がありません。土取り工事の影響と思われます。
D-381外 D-381外 (2)


コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

筑後国造

Author:筑後国造
遺跡、特に古墳、山登り、地図そして高いところが大好き。郷土の先人、筑紫国造磐井様より一部名前を拝借しております。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示