夏は山歩き、秋から春は古墳中心の遺跡巡り。主に筑後地区ですが、いつかは、全国へ・・・

長迫古墳の石材(3) 民家の庭に・・・

日奈久阿蘇神社から400mほどの、民家の庭にもう一つの石材があります。

長迫古墳石材 山下町 (5)

屋根だけはありますが、装飾の状態は良くありません。光の角度によりかろうじて・・・
長迫古墳石材 山下町 (4)

右端の円文
長迫古墳石材 山下町 (1)

中央の円文 紐で吊るしたような形状がわかります。
長迫古墳石材 山下町 (2)

左端の円文は半分しか残っていません。
長迫古墳石材 山下町 (3)

日奈久阿蘇神社の石材も、同じような2重円文だったようです。

この石材の残り半分は京都にあったとか・・・

東京、京都、八代と別れた仲間たちを、装飾が見られる内に再会させたいですね。
コメント
刮目
接続断片が発見されていたという話は初耳です。 何処にあるのが分かったのか教えて頂ければ幸いです。
2015/02/13(金) 05:49 | URL | 蕨手 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

筑後国造

Author:筑後国造
遺跡、特に古墳、山登り、地図そして高いところが大好き。郷土の先人、筑紫国造磐井様より一部名前を拝借しております。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
タグリスト

月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示