夏は山歩き、秋から春は古墳中心の遺跡巡り。主に筑後地区ですが、いつかは、全国へ・・・

下馬場古墳の装飾(3) 前室左壁

前室の左壁

4石に装飾
下馬場古墳前室左壁 (10)

入口よりの中段の円文 蕨手さんの資料によると、赤、灰、茶の三色で描かれています。周囲は三角文?
下馬場古墳前室左壁 (8)

その下の石材 右端に顔料。
下馬場古墳前室左壁 (9)

袖石よりの中段の石材。
下馬場古墳前室左壁 (3)

拡大してみると、色の配色が左側の大きな円文と同じ3色のようです。
下馬場古墳前室左壁 (6)

円文の左の赤い顔料、その左下にも・・・何かわかりません。
下馬場古墳前室左壁 (5)

そのしたの石材。靫のような、盾のような・・・
下馬場古墳前室左壁 (4)

想像が膨らむ装飾です。
下馬場古墳前室左壁 (7)
コメント
驚きました
夕食後に転寝してしまい、起きて入浴したところです。
最後の壁面については、以前解析したことがありましたが、
それが十分で無かったことが、国造様の画像ではっきりとわかりました。
当時は下半の部分を、塗り残しで描いた靫が二個並列したものと見てましたが、それは部分的な模様を捉えたに過ぎず、さらに外側まで靫鰭の部分が伸びた巨大な二個の靫を並列したものだったようですね!
右壁の二個の靫の内、左側の大きい方と塗り分け方が一致しているようです。
幾何学文がクロースアップされる当古墳ですが、実は奥壁以外の側壁は器物文に溢れている点、王塚古墳や日ノ岡古墳の特徴と一致して注目に値しますね。
精査すればまた新たな文様が見つかるかもしれません。もっと詳細な調査が必要な装飾古墳と再認識しました。 見事な復元画像感謝します。
2014/06/13(金) 02:15 | URL | 蕨手 #-[ 編集]
訂正します
靫の内部の塗り分け方の判断間違ってました。
丁度右壁の文様と左右対称配列になっており、玄門寄りの靫は、中の相似図形を中抜き(赤縁取りで内部は塗り残し)、羨門寄りの靫は、中の相似図形を塗りつぶして描いているようです。
作者のこだわりの強さも感じさせる配列ですね。
またここを探訪したくなりました。
2014/06/13(金) 02:24 | URL | 蕨手 #-[ 編集]
No title
まだまだ不鮮明な装飾もあります。直に見てもらえたら、また新発見があるかもしれませんよ。
でも、先日訪れた際は、石室内にへ〇が多数・・・
何枚か写真を撮ったら早々に退散。梅雨時は条件が良いのですが・・・
2014/06/13(金) 06:03 | URL | 筑後国造 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

筑後国造

Author:筑後国造
遺跡、特に古墳、山登り、地図そして高いところが大好き。郷土の先人、筑紫国造磐井様より一部名前を拝借しております。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
タグリスト

月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示