夏は山歩き、秋から春は古墳中心の遺跡巡り。主に筑後地区ですが、いつかは、全国へ・・・

肥前狛犬 久留米市編(2)

久留米市の肥前狛犬で、市指定の有形民俗文化財を漏らしていましたので

久留米市大善寺町藤吉

藤吉天満宮

鳥居には、天満宮と八幡宮(若宮天満宮)が併記されています。
藤吉天満宮 (3) 藤吉天満宮 (2)

吽形のみが残っています。像高47cm、幅24cm、奥行33cmと肥前狛犬としては、大きい。
慶長17年(1612年)の銘があることから、約400年前
藤吉天満宮
久留米市教育委員会”郷土の文化財”より


藤吉天満宮の拝殿内に1対の肥前狛犬が・・・
藤吉天満宮 (1) 藤吉天満宮 (4)

左の吽形のみが残っているはずですから、右の阿形は最近のもの?
しかし、吽の方も同じ時期の造りのようです・・・

慶長の肥前狛犬は、他に保管されているのかもしれません。
阿が片足しか見えないのが、気になりますが、遠くから眺めることしかできませんでした。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

筑後国造

Author:筑後国造
遺跡、特に古墳、山登り、地図そして高いところが大好き。郷土の先人、筑紫国造磐井様より一部名前を拝借しております。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
タグリスト

月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示