夏は山歩き、秋から春は古墳中心の遺跡巡り。主に筑後地区ですが、いつかは、全国へ・・・

高良山三昧  神籠石三昧 

高良山神籠石

高良山神籠石は、高良山西斜面に築かれ、神籠石という名称の由来となった貴重な史跡です。
今回、列石が途絶え、確認できない、北側約1km(下記点線部)を除いた北西端から、東端までを探索し、露出した神籠石全部の写真撮影を試みました。

神籠石地図
(久留米市教育委員会 歴史散歩より)

 実際は、虚空蔵山から北谷にかけての数十mが入れず、この部分の10個ほどが未見ですが、残りの1300個あまりはどうにか達成できました。しかし、埋もれているもの、行方不明のものも多く、何個なのかが、未だ数えられていません。
 83年前、1292個の模写をされた先人に驚愕です。
 当時のものと、比較すると、不明のものや模写の誤り、曖昧さもありますが、感心するばかりです。さらに、全石の長さも計測してあります。

神籠石

観光案内等で紹介されている、この大学稲荷あたりは、列石が整い見学しやすいのですが、大半は大小様々の石が、登ったり、下ったり、埋もれたり、ちょっとだけ顔を見せたり・・・
神籠石1 (8) 神籠石1 (6)

崩壊しているところも多数・・・
神籠石1 (9) 神籠石1 (1)

樹木の根にがっちり羽交い絞めにされたり、つままれたり・・・
神籠石1 (2) 神籠石1 (3)

鳥居のそばや道路の下にもぐったり・・・
神籠石1 (5) 神籠石1 (11)

様々な、神籠石を紹介したいと思います。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

筑後国造

Author:筑後国造
遺跡、特に古墳、山登り、地図そして高いところが大好き。郷土の先人、筑紫国造磐井様より一部名前を拝借しております。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
タグリスト

月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示