夏は山歩き、秋から春は古墳中心の遺跡巡り。主に筑後地区ですが、いつかは、全国へ・・・

霧島七不思議

霧島には七不思議があるという。

亀石      自然石と思えないほど亀に似た石
風穴      岩穴から、いつも風が吹き出ていて、中には観音が祀られていた
御手洗川   ふだんは涸れているのに、5月になると、突然、水量が激増する
両度川     毎年6月に水が流れはじめては数日後に涸れ、そして再び流れだす
蒔かずの種  霧島山中に、稲が自然に生えることがある。
文字岩     神宮の西方2kmの山中の大岩の隙間の奥に、梵字が彫られている。人の技とは思えない。
夜中の神楽  霧島神宮が現在地に移った時、真夜中に神楽が響きわたった。今でも時々、聞こえるとか
(神社紀行より)

①~④がこの周辺

さっそく、霧島神宮の神殿脇から旧参道へ

旧参道と山神社への分岐点
霧島七不思議 (1) 霧島七不思議 (6)

案内があるつもりで、地図を車へ置いてきてしまった。

さらなるパワーがあるという山神社までの距離がわからず、断念!(近かったようです)

七不思議の亀石、風穴を求め、旧参道の亀石坂へ

境内の喧騒とは別世界。 鬱蒼とした杉木立  こんな不思議なものも・・・
霧島七不思議 (7) 霧島七不思議 (1) (792x594)

ここにも山神社   さらに下ると麓に???
霧島七不思議 (8) 霧島七不思議 (5)

亀石、風穴がなかった。いや、見落としてしまった。一人だったら戻るのですが・・・
周囲の目は、今降りてきた、この坂を見あげて・・・    かなわず・・・断念!

後で地図を見ると、先ほどの山神社のすぐ下に、亀石。
参道の反対側に風穴があったようです。

案内の写真では、両方共案内板があったはずなのですが・・・
誰も気づかなかった。     不思議です・・・

亀石坂を下りたところに、若宮神社。そのそばに御手洗川。
霧島七不思議 (3) 霧島七不思議 (2)


少しだけ、水が流れていました。
霧島七不思議 (4)

近くの両度川、位置も未確認のため、断念!

謎のままの霧島神宮。
神々しい息吹を感じるため、再び参拝したいと思います。

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

筑後国造

Author:筑後国造
遺跡、特に古墳、山登り、地図そして高いところが大好き。郷土の先人、筑紫国造磐井様より一部名前を拝借しております。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
タグリスト

月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示