夏は山歩き、秋から春は古墳中心の遺跡巡り。主に筑後地区ですが、いつかは、全国へ・・・

基肄城 小水城

有明海方面からの侵入を防ぐため、基肄城の麓に、小水城がありました。
大宰府を北から防御した水城の小型版でしょうか。

JR基山駅の北にある千塔山丘陵を起点に2つの土塁があります。

関屋土塁跡  

JRと国道3号線に寸断され、今は若宮神社下のこの標識しかありません。
基肄城 小水城 (1)

とうれき土塁  

千塔山丘陵から基肄城の方へ250mほどの所に土塁跡が一部残っています
基肄城 小水城 (3)

基山の麓の丘陵まで350mほど造られていたようです。
基肄城 小水城 (2)

基肄城 小水城 (4)

とうれき土塁跡より見た基山
基肄城 小水城

基肄城 小水城 (5)

山頂付近から小水城を眺めてみると・・・  右上が千塔山丘陵
基肄城 小水城 (9)

この2つの丘陵の間200mほどを関屋土塁が塞いでいたのでしょう。
基肄城 小水城 (8)

中央の三角部分がとうれき土塁  左上角が千塔山丘陵
基肄城 小水城 (7)

千塔山丘陵から基肄城南門まで直線距離で2km弱。
当時は基肄城と、この小水城、そして基山の東に位置する宮地岳の阿志岐山城により、大宰府の南部からの防御は完璧・・・
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

筑後国造

Author:筑後国造
遺跡、特に古墳、山登り、地図そして高いところが大好き。郷土の先人、筑紫国造磐井様より一部名前を拝借しております。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
タグリスト

月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示