夏は山歩き、秋から春は古墳中心の遺跡巡り。主に筑後地区ですが、いつかは、全国へ・・・

基肄城 東北門跡

基肄城 東北門跡

基肄城の北東部、筑紫野市方面から入る門です。
東北門跡 (1)

幅6m高さ3mほどの土塁の一部を切って門がつくられていました。
東北門跡 (8)

土塁断面。この部分を補強していた石材の一部が残っています。
東北門跡 (2)

この両端の石が門柱を据えた礎石(門礎)です。幅2m弱の門があったようです。
東北門跡 (3)

円形に彫られた門扉の軸穴(右)と、掘立柱を据えるための刳り込みが残っています。
東北門跡 (5)

もう一方の門礎は土砂で埋まり、確認できません。以前は、両方の穴とも、良好な状態で見られたようなのですが・・・
東北門跡 (4)

城外から門を入り、土塁を抜けた所に道をはさむようにある石材。何かの施設の跡かもしれません。
東北門跡 (7)

城外の筑紫野市原田、萩原方面へ続きます。
東北門跡 (6)

萩原へ続く道の途中には、土砂崩れも。
東北門跡

さらに携帯も圏外に。定時連絡の時間だったため、このルートは断念。慌てて城内に・・・

”携帯も繋がらないような所へ行って”と、お叱りを受けました。
山奥ではないのですが・・・
現代でも、電波の届く基肄城内が安全???
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

筑後国造

Author:筑後国造
遺跡、特に古墳、山登り、地図そして高いところが大好き。郷土の先人、筑紫国造磐井様より一部名前を拝借しております。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
タグリスト

月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示