夏は山歩き、秋から春は古墳中心の遺跡巡り。主に筑後地区ですが、いつかは、全国へ・・・

巨大鏡石  東山古墳

鳥栖市の装飾古墳公開に合わせ、背振山麓を探索しました。

以前から、目的の古墳を探せないままでいた、鎮西山麓へ再び。
予定外の、開口した石室を見つけましたが、これは後日。
今回も、目的の古墳には逢えず、周辺を散策。
するとすぐ近くで、驚愕の古墳に遭遇。

神埼郡吉野ヶ里町石動(いしなり)

東山古墳

墳丘部分 径15.3m 高さ4.5m
石動二本松古墳群の中の1基です。
こんもりした森に引かれて入ってみると開口した石室が。
東山古墳 (1) 

2段ないしは3段築成の複式横穴式石室の円墳です。
東山古墳 (19) 東山古墳 (4)

羨道、前室
東山古墳 (6) 東山古墳 (7)

前室の側壁
東山古墳 (16) 東山古墳 (15)

前室から羨道にかけての天井部、後室より石室入口を
東山古墳 (17) 東山古墳 (11)


後室の入口で目にしたものは・・・
東山古墳 (20)


巨大な、天井まで届く1枚の奥壁の鏡石です。後室内では全体を撮影できません。
大人の身長の約2倍、3.5mほどでしょうか。圧倒されます。

側壁
東山古墳 (10) 東山古墳 (9)

天井、楣石
東山古墳 (2) 東山古墳 (12)

袖石
東山古墳 (14) 東山古墳 (13)

天井石が露出しています。隙間がありましたので、カメラを入れて撮影。
東山古墳 (5) 東山古墳 (18)

今まで見た中で1番大きな1枚岩の奥壁でした。
遺跡地図には古墳群の内の1基としか載っていません。
東背振村史にようやく”東山古墳”として記載されていました。しかし、この奥壁には触れられていません。
同じ古墳群の他の古墳は、高速道路、工業団地の造成とともに消滅しているようです。
ちなみに、村史跡指定第1号だそうです。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

筑後国造

Author:筑後国造
遺跡、特に古墳、山登り、地図そして高いところが大好き。郷土の先人、筑紫国造磐井様より一部名前を拝借しております。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
タグリスト

月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示