夏は山歩き、秋から春は古墳中心の遺跡巡り。主に筑後地区ですが、いつかは、全国へ・・・

石垣高尾遺跡

屏風のように連なる耳納連山。

7月の豪雨以来、いまだにブルーシートが、目立つ場所があります。

石垣高尾遺跡 (8)

遺跡の近くのようでしたので、気になり、そのうちの1か所を訪問してみました。

久留米市田主丸町石垣

石垣高尾遺跡

急傾斜地で樹木に覆われていたため、平成13年まで、発見されませんでした。
石垣高尾遺跡 (2)


調査範囲、期間が限定されていたので、周囲にはまだまだ、何か眠っているかもしれません。
上部あたりに石積みが発見されたようです。
石垣高尾遺跡 (6)

神籠石の水門、山城の関連施設、下記のような☆の模様から宗教施設、江戸時代の砂防ダムなど、色々と考えられるようですが、真相は解明されないまま消滅してしまいました。出土遺物から8世紀位に築造されたようです。
地名からいって、このような石垣が他にあるのかもしれません。その時までのお預けです。

調査時の報告書の写真を見てみると、東側の崩落部分も考慮すると、20mほどの石垣になるようです。
石垣高尾遺跡 (3)

石垣高尾遺跡 (4)


石積の上部の石材に、このような星形の線刻が2ケ所あったようですが、築造時のものかどうかは不明のまま。
この石材はどこにいったのでしょうか?
石垣高尾遺跡 (5)


もう1ケ所、気になる所。
なかなか近づけない場所なのですが、益生田古墳群の端がひっっかているような感じも・・・
石垣高尾遺跡 (1)

石垣高尾遺跡 (7)

そのうち、現場へ行ってみたいと思います
コメント
No title
石材の五芒星。よくあるお呪いの一種なのでしょうが気になりますね。

話題は変わりますが、先日たまたま立ち寄った柳川古文書館の図書室に
福岡県内各市町村の記録書籍が沢山集められていることを知りました。
市史の中には遺跡の伝承や見取り図、発掘記録なども結構詳細に記してありました。
情報収集のお役に立てれば幸いです。
2012/11/06(火) 22:35 | URL | 通りすがりの地元民 #-[ 編集]
No title
通りすがりの地元民さま、ありがとうございます。
柳川、大川は古墳がないので、ついつい素通りしてしまいます。
柳川古文書館には、行ったことがありませんので、ぜひ、訪れたいと思います。
思わぬところに、掘り出し物があるかもしれません・・・
2012/11/07(水) 04:44 | URL | 筑後国造 #-[ 編集]
これは、、、。
神籠石や朝鮮式山城の石の積み方に酷似していますね。
近世の石垣とは明らかに違うような気がします。
ちゃんと発掘調査報告書には目を通しているつもりでしたが、見逃していました。
専門外ですが、問題提起していきたいと思います。
2013/02/10(日) 20:49 | URL | トドの親父 #2Z5jlXfU[ 編集]
No title
専門的なことはわかりませんが、あの場所に、このような石垣があるのは、何かあるということでしょうね。
解明されるといいですね。
トドの親父さんのブログ、いつも楽しませていただいてます。
2013/02/11(月) 17:35 | URL | 筑後国造 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

筑後国造

Author:筑後国造
遺跡、特に古墳、山登り、地図そして高いところが大好き。郷土の先人、筑紫国造磐井様より一部名前を拝借しております。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
タグリスト

月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示