夏は山歩き、秋から春は古墳中心の遺跡巡り。主に筑後地区ですが、いつかは、全国へ・・・

阿志岐山城跡(2)

第7地点列石
第2水門から東の尾根を越えた所に、2m程林道に削られ露出しています。
第7地点列石 (3) (640x480) 第7地点列石 (2) (640x480)


第5地点
第7地点の背後に平行してあり、石面は城内側に向いています。
第5地点背後列石 (1) (640x480) 第5地点背後列石 (2) (640x480)


第4地点
第5地点と同様に石面を城内側に向けています。
第4地点列石 (1) (640x480) 第4地点列石 (2) (640x480)


第2地点土塁
第4地点の尾根を南下し、第3水門へ繋がる部分です。基底石から20cm程ずらして列石を積んでいる様子がよくわかります。
第2地点列石 (2) (640x480) 第2地点列石 (3) (640x480) 

この石を基準として造られているそうです。列石の上に盛られた土塁。右下に列石。
第2地点列石 (4) (640x480) 第2地点列石 (1) (640x480)

第3水門
第2地点土塁のすぐ南にあり、阿志岐山城の最大規模の構造物です。
平成13年発見ですから、このような立派なものが、何故今まで知られていなかったのか不思議なくらいです。

急斜面の谷のため、正面からの撮影は無理でした。
第3水門 (10) (2)

上端の石材は流失しているものと思われます。
第3水門 (2) (640x480) 第3水門 (1) (640x480)

石積は上下左右とも隙間がほとんどないような精緻な造りで、"切り欠き加工"と写真の上部には石を上下に組み合わせるため石の上面を抉った"抉りこみ加工"も見られます。
DSC03385.jpg

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

筑後国造

Author:筑後国造
遺跡、特に古墳、山登り、地図そして高いところが大好き。郷土の先人、筑紫国造磐井様より一部名前を拝借しております。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
タグリスト

月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示