夏は山歩き、秋から春は古墳中心の遺跡巡り。主に筑後地区ですが、いつかは、全国へ・・・

3度目の挑戦・・・殿様塚古墳

1度目は宮地岳山頂から(1度目
2度目は本谷池のそばから(2度目

2度ともヤマ感であったため、たどりつけず。

今回は3度目。
大まかな古墳群としての地図しかないものの、2度の失敗をふまえ、地形も頭の中に。

前回訪問した山家古墳群の1段上の緩斜面にあるはず。

山家古墳群を過ぎ、藪こぎを終え、ようやく目的地へ。
地図と同じ北から南への緩斜面。東は急斜面。

しかし・・・
径20mほどの殿様塚古墳が見当たらない。

周辺を探しても、古墳の石材かも?、というものはあるものの、墳丘がない。
山家古墳群3 (12) 山家古墳群3 (9)


別の地図では、山家古墳群と殿様塚古墳群と位置が逆のものもあった。
いくつかの地図で同じだったので参考にした今回の地図。
そもそも、元となった地図が間違っていて、それをそれぞれが転載しているのか?

またしても、失意の内に下山。別ルートで降りる途中に、明らかに、古墳の墳丘が。
南に回ると開口。
山家古墳群3 (10) 山家古墳群3 (11)

径10mほどで、石室も複室ですが、小規模。殿様塚は少なくとも倍くらいは、あるはずなのに・・・
山家古墳群3 (6) 山家古墳群3 (5)

山家古墳群3 (4)

すぐそばにも1基。石室は土砂で埋まっています。
山家古墳群3 山家古墳群3 (8)

山家古墳群の端のようです。

ここで、麓にあった遺跡案内の地図の指示に従って、再びトライ、と思ったのですが、進入路が立入禁止となっていたので、あえなく断念。
案内図 (2) 案内図
11が殿様塚、家来塚なのですが、まっすぐに行けば到達? 山にも登らずにすむようなんですが???

携帯を、GPS機能の付いたスマホに変えようかな?

まだまだ、殿にお目通りがかなうまで、殿様塚詣では続きます。
コメント
家来塚のような気がしますね
旅先から見ています。いつもお疲れ様です。 
 もう三十年以上前のことなのでうろ覚えなのですが、当時雨の中地元の人に現場を案内いただいて、家来塚と紹介された古墳に面影が似ているように感じます。
 これが間違いないのであれば、尾根筋をもう少し上って少し右横に逸れたあたりに殿様塚があったように記憶しています。
 「殿様」なのに墳丘が目立たず、「家来」の方がかえって良く目立つ墳丘だったのを記憶しています。ネーミングに惑わされず、目立たない姿を探されるが良いかと思います。
2012/01/27(金) 21:20 | URL | 蕨手 #-[ 編集]
もう一度・・・
家来塚の可能性がありますか。
殿様塚は20mくらいの墳丘ばかりを探していました。
重要な情報ありがとうございます。
もう一度、トライしてみます。
2012/01/28(土) 21:03 | URL | 筑後国造 #-[ 編集]
スマホ
スマホのGPSはそれほど良くありません。
山の中ではすぐずれます。
しかし、googleマップでは等高線が描かれているのでなんとなく地形を確認しながら探すことはできます。
問題は電波が届かないところでは地図が表示されません。
あらかじめ目的地周辺をキャッシュしておけば大丈夫ですけどね。
2012/01/30(月) 07:29 | URL | oobuta #mQop/nM.[ 編集]
スマホはお預け?
山中で方角は大体わかるのですが、藪こぎ、傾斜を登り下りするうちに自分の位置が不明になってしまいました。
手元の古墳の位置を書きこんだ地図は、等高線を参考にしていたため、GPSがあれば、ばっちりかな、と思ったのですが・・・
本格的な登山用GPSであればいいのかもしれませんが、そこまでは・・・
スマホは、機能がもう少し向上するのを待っておこうかな?
2012/01/31(火) 05:43 | URL | 筑後国造 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

筑後国造

Author:筑後国造
遺跡、特に古墳、山登り、地図そして高いところが大好き。郷土の先人、筑紫国造磐井様より一部名前を拝借しております。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
タグリスト

月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示