夏は山歩き、秋から春は古墳中心の遺跡巡り。主に筑後地区ですが、いつかは、全国へ・・・

北山湖周辺ウォークと仰天の結末・・・

佐賀県の背振山麓の北山湖。

周囲6キロのサイクリングロード沿いを、色々な謎を解きながら歩くイベントが月末に開催されますので、その下見へやって来ました。
33の謎の正解は、事前に解いておかないといけないのです。

ところが、最後に想定外の、人生初体験の驚くべき結末が・・・・・・・・・・

北山湖 (16)


北山湖 (17) 北山湖 (8)


下のような写真から、コースのどこかにある、実物を見つけ、花の名前を答えたり、バックにちょっとだけ写った建物をヒントに街灯の場所を探したりします。

北山湖 (5) 北山湖 (10)

この湖の周囲のどこかに正解がかくれている訳です。

北山湖 (14) 北山湖 (11)


周囲ばかりを見ながら歩くと、正解につながる、足元のこの絵や、橋のたもとにあるマレットを見過ごしてしまいます。 ちなみに、このマレットを順にたたくとある曲になるのです。

北山湖 (9) 北山湖 (7)

途中には、このようなトンネルも。  もちろん謎が隠されています。

北山湖 (2) 北山湖 (13)

関係者がこのブログを見るはずがないので、先ほどの答えを。
花の名前は  ”ホウノキ” で、曲名は ”四季の歌” でした。

途中、湖畔の ”ほうのき” というレストランで名物の”よもぎコロッケ定食”も頂きました。

北山湖 (3) 北山湖 (15)

さて6キロのコースを2時間20分かけてゴールイン。
ところが33問の内、1問が解けないまま・・・
とても、もう1度行く気には・・・

車は通れないので、しかたなく正解があるはずの場所の近くまで車で・・・

すると、車の前に突然、物体が

あわててブレーキを踏むと、相手も停止しこちらをにらんでいます。


野生のイノシシでした。

すぐに藪の中に去って行ったものの、こちらは唖然

こんな機会は滅多にないから写真をと思いましたが、
実際は写真を撮る余裕など、あろうはずが・・・

サイクリングコースは、山と、車道をはさんで離れているので大丈夫でしょうが。注意も必要というこです。

古墳探索の時もイノシシ注意の看板や仕掛のオリを見かけます。気をつけねば・・・

残る1問の解答はコースの途中の、上の看板に有りました。横、下だけでなく上への注意も必要でした。





帰りの車の中でふと考えました。
もし、ぶつかっていたら、車両保険はおりるのだろうか???
と・・・
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

筑後国造

Author:筑後国造
遺跡、特に古墳、山登り、地図そして高いところが大好き。郷土の先人、筑紫国造磐井様より一部名前を拝借しております。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
タグリスト

月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示