夏は山歩き、秋から春は古墳中心の遺跡巡り。主に筑後地区ですが、いつかは、全国へ・・・

耳納山麓の探索予定古墳

仕事のついでに、この冬、探索予定の耳納山麓の古墳の下見をしてきました。
今は、近づきたくない場所ばかり。

侵入ルート、車の駐車場所等を確認。

この森の奥に、墳丘、石室完存の古墳や半壊ですが複式横穴式石室の古墳群が。

minousannroku (4) minousannroku (3)


この道の奥、中央の山の山頂には中世の山城址があり、手前の山麓には、半壊ではありますが、数基の古墳群。

minousannroku.jpg minousannroku (2)


山の向こう側には墳丘、石室完存の単独墳も。
さらに、川をはさんだところにも、墳丘、石室完存の単独墳。
これらは別ルートですが。



あるはず・・・

このほか、数ヶ所をチェック。
詳細な地図もないため、徒労に終わることも覚悟。
さらに、消滅の可能性も。
しかし、山奥ですし、開発もされていないようだし・・・

標高でいえば、150~200m位のため、装飾は期待できないでしょうが、砥上観音塚古墳や殿様塚古墳等の例外もありますし・・・
未調査ですし、照明も進化していますし・・・

夢は膨らみます。計画をたてるのも楽しみです。

昨年たてた計画も先送りになっているのも多数ありますけど・・・

猪出没の新聞報道も・・・ 
檻の仕掛もちょくちょく見かけるようなところです。
冬は、冬で難題も。
コメント
No title
やはり いろいろと目の付け所が鋭いですねえ。 探索の展開を楽しみにしております。 
2011/09/29(木) 05:28 | URL | 蕨手 #-[ 編集]
No title
計画倒れに終わることの方が多いのですが・・・
資料が少ない所が多いので、空振りも多いのですが・・・
ボチボチとやっていきます。
2011/09/30(金) 05:48 | URL | 筑後国造 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

筑後国造

Author:筑後国造
遺跡、特に古墳、山登り、地図そして高いところが大好き。郷土の先人、筑紫国造磐井様より一部名前を拝借しております。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
タグリスト

月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示