夏は山歩き、秋から春は古墳中心の遺跡巡り。主に筑後地区ですが、いつかは、全国へ・・・

崩壊

IMG_0161.jpg









衝撃の現場でした。


横畠10号横穴墓

前回訪問した際には、ひとつだけ離れていたため、見逃していました。
今回、飾り縁に赤と白のニ重円文、帯状文の装飾がかなりあるかも、ということで仲間と再訪問。

飾り縁が無残にも3つに割れて崩落していました。後ろの空洞部分が奥室の一部です。

IMG_0155.jpg IMG_0156.jpg

残骸にわずかに装飾らしきものが・・・

割れ目の苔の状態からすれば数年経っているのでしょう。

6号にも大きな亀裂が・・・ 今にもずり落ちそうです。今は、赤の円文が確認できますが・・・

IMG_0167.jpg IMG_0164.jpg


国指定遺跡である石貫ナギノ横穴群でも同様です。

石屋形が割れてずれているようです。
IMG_0188.jpg

屍床部分から崩落しているものもありました。これは最近のようです。
IMG_0187.jpg

城迫間5号横穴墓も奥室を残して崩落していました。
DSCF3514.jpg


今回確認できた2号の舟の線刻。
IMG_0134.jpg

ここにも亀裂が・・・




途中、大スズメ蜂との遭遇もありました。今から晩秋までは、山中の古墳訪問は封印です。
来年に向けての情報収集等のなが~い仕込み時期に入ります。

草、虫、爬虫類の心配ない所は別ですけど・・・

鮮明な画像と詳細な記事はスカイトレッカーさんの古跡探訪録をどうぞ

コメント
残念
無残な状態ですね。
横穴墓は保護の為に特殊コンクリートで固めてしまうところありますが装飾があるところではそういきませんね。
先日、熊本で震度1ですが地震があったようですね。
その影響は関係ないと思いますが、なんとか保護をしてもらいたいですね。
高松塚古墳にかけてる予算をちょっとでも廻してもらえばと思うのですがね。
2011/04/19(火) 20:04 | URL | oobuta #mQop/nM.[ 編集]
無残
まさに無残の一言でした。
崩落している所は時々見かけますが、飾り縁の形容が、そのまま、しかも褪色しているとはいえ装飾も・・・
保護はとても無理でしょう。
せめて、稚拙とはいえ、自分の記憶と記録に残すことぐらいしかできません。
2011/04/20(水) 05:19 | URL | 筑後国造 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

筑後国造

Author:筑後国造
遺跡、特に古墳、山登り、地図そして高いところが大好き。郷土の先人、筑紫国造磐井様より一部名前を拝借しております。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
タグリスト

月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示