夏は山歩き、秋から春は古墳中心の遺跡巡り。主に筑後地区ですが、いつかは、全国へ・・・

装飾横穴を訪ねて(番外編)

過去の装飾横穴での失敗例をいくつか・・・

熊本県玉名市田崎楢山

楢山横穴墓群(田崎横穴墓群

楢山横穴 (4) 楢山横穴 (2)

3基とも高さ5m。とても登れない。
左端の1号墓に赤、白の二重円文、珠文の装飾があるはず・・・

楢山横穴 楢山横穴 (3)

拡大してもわかりません。
35m離れたところにあるはずの4号横穴墓も見つかりませんでした。


熊本県玉名市青木横畠

横畠横穴墓群

横畠横穴 (2) 横畠横穴

1号横穴墓 奥屍床が高い位置にあります。
横畠1 横畠1 (2)

2号横穴墓、3号横穴墓
横畠2 横畠3

5号横穴墓 6号横穴墓
横畠5 横畠6

7号横穴墓 とても登れません。
横畠7

8号横穴墓 1.5mほどの高さなのに・・・登れなかった 玄室内は手を伸ばして撮影
横畠8 横畠8 (2)

9号横穴墓 狭い玄室 装飾がありそうでしたが・・・
横畠9 (2) 横畠9

帰って整理すると号数が合わない
装飾があるはずの場所を確認していなかった・・・
6号、8号の飾り縁に円文らしき装飾があるはずだった・・・
無理して登ればよかった・・・(無理しても登れなかった?)

何よりも、10号横穴墓に気がつかなかった。
9号の先10mほど先まで調べ、これ以上はないと思ったのに、35m先にあった。しかも赤、白の彩色、ニ重円文、帯状文と、一番の装飾があったはず・・・

ここで脚立の必要性を感じたのに、今回忘れてしまった。

熊本県玉名市冨尾原

冨尾原B群

下調べ不足で、装飾があるはずのA群をB群と勘違いし、ここも2~3mの高さに開口している横穴墓へ入れなかった。
装飾があるのも、入れなかった所にあったのだろうと納得していたのに・・・
よくよく調べると、装飾のあるのは、菅原神社の南。
勘違いしたのは、東。
目標としていた菅原神社のそばですぐに見つかったので、当然装飾のある横穴墓群と思いこんでしまいました。
A群、B群があったとは・・・
富尾横穴 富尾横穴 (2)

富尾横穴 (3) 富尾横穴 (4)

富尾横穴 (5)

玄室入口と右側壁(大きく崩壊)
富尾横穴 (7) 富尾横穴 (8)


A群をまた探しに行かねば・・・

それにしてもこの地区には横穴墓が多い・・・
コメント
なるほどなるほど
横畠の六号には赤い顔料が確認できるようですね。その他もよく調べれば見つかるかもしれませんね。
2011/04/06(水) 22:14 | URL | 蕨手 #-[ 編集]
原は
中学の頃入りました。 民家そばでアプローチは簡単だったように記憶していますが・・・
2011/04/06(水) 22:29 | URL | 蕨手 #-[ 編集]
原は立入が制限されているよです
原横穴墓は、装飾がある横穴かどうかはわかりませんが、一部、土嚢やベニヤで塞がれているようです。

2011/04/07(木) 05:18 | URL | 筑後国造 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

筑後国造

Author:筑後国造
遺跡、特に古墳、山登り、地図そして高いところが大好き。郷土の先人、筑紫国造磐井様より一部名前を拝借しております。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
タグリスト

月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示