夏は山歩き、秋から春は古墳中心の遺跡巡り。主に筑後地区ですが、いつかは、全国へ・・・

装飾横穴を訪ねて(2)

旧三加和町のいくつかの横穴墓群を訪れ、南関町へ。

熊本県玉名郡南関町大字今

今村岩の下横穴墓群

今村岩の下

説明板では、東、中央、西となっていますが、文献ではⅠ~Ⅲ群となっていますのでこれにならいます。
装飾の数も違います。

Ⅰ群(4基)

今村岩の下Ⅰ-1 (12)


 1号横穴墓

四重の飾縁の入口(崖中腹にあり、前庭部がせまいため、正面より飾縁全部を撮影できません)
今村岩の下Ⅰ-1 (3) 今村岩の下Ⅰ-1 (10)


見事な石家形と一部欠損しているもののゴンドラ状の奥屍床
今村岩の下Ⅰ-1 (4) 今村岩の下Ⅰ-1 (13)
 

コの字型屍床の通路の左右の屍床は、痕跡しか残っていないのは残念ですが。
今村岩の下Ⅰ-1 (2) 今村岩の下Ⅰ-1

  
内側から二重目の飾縁には、円文らしき装飾の痕跡が数か所。(装飾に関しては肉眼の方がよくわかります)
今村岩の下Ⅰ-1 (8) 今村岩の下Ⅰ-1 (6)

  
今村岩の下Ⅰ-1 (9) 今村岩の下Ⅰ-1 (5)

一番内側の飾縁にも
今村岩の下Ⅰ-1 (11)


 帰って調べてみると、飾縁だけでなく、奥屍床前面にも装飾が・・・
 しかも、装飾も線刻、円文、2段構成の連続三角文と数種類だったのです。
 装飾場所の詳細はわかりませんし、色褪せているでしょうから、見えたかどうかわかりませんが、確認したかった・・・

 注意して撮影していなかったので、いくら工夫してもわかりません。
  
 同じことが、この後にも何か所かあり、残念無念。


 2号横穴墓
今村岩の下Ⅰ-2 (2) 今村岩の下Ⅰ-2 (3)


 3号横穴墓
今村岩の下Ⅰ-3 今村岩の下Ⅰ-3 (2)


 4号横穴墓
今村岩の下Ⅰ-4 (2) 今村岩の下Ⅰ-4
  
  
次に、悪戦苦闘ながら、多種多様のⅡ群へ

  
 
コメント
goood job
ここはまだ行った事が無い! さすが探索の名人ですね。
ご紹介有難うございます。
いつか行ってみたいものです。

2011/03/23(水) 05:51 | URL | 蕨手 #-[ 編集]
まだ、記事が間に合っていませんが、装飾もまだまだあります。
しかし、準備不足で、見落としばっかりです。
2011/03/23(水) 06:50 | URL | 筑後国造 #-[ 編集]
装飾の詳細
報告書によると、一号の石屋形屋根前面部分に連続三角文の線刻があり、飾縁は顔料で塗りつぶされているようです。
2011/03/25(金) 06:50 | URL | 蕨手 #-[ 編集]
もう一つ
奥壁底面縁の全面にも連続三角文と塗り分けた顔料が残るそうです。
2011/03/25(金) 07:00 | URL | 蕨手 #-[ 編集]
貴重な情報ありがとうございます。
装飾に関して、予備知識もないまま行きましたので、見落としばかりです。
当然、もう一度訪問します。
情報ありがとうございました。
2011/03/25(金) 19:47 | URL | 筑後国造 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

筑後国造

Author:筑後国造
遺跡、特に古墳、山登り、地図そして高いところが大好き。郷土の先人、筑紫国造磐井様より一部名前を拝借しております。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
タグリスト

月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示