夏は山歩き、秋から春は古墳中心の遺跡巡り。主に筑後地区ですが、いつかは、全国へ・・・

天山古墳群

宮地岳の殿様塚古墳探索は失敗に終わりましたが、ひとつくらいは石室に入らないと、と思い、宮地岳の西側登山口へ。

筑紫野市大字天山

天山古墳群

宮地岳の西部山麓、西方寺裏にあります。

1号墳(径10mほどの円墳)

尾根の先端部にあります。
amayama1.jpg

3号墳

高木神社建立の際、削平され、石材だけが残っているようです。
amayama3.jpg

2,4,5号墳は10~15mほどの円墳のはずですが、わかりません。

6号墳(径20mほどの円墳)

墳丘は残っているものの、半分以上削平されています。
amayama6.jpg

7号墳(径25mほどの円墳)

amayama7 (2)

石室入口は土砂で埋まり、わずかに開口しています。
ここまで来たら、強引に入ります。

羨道
amayama7 (4)

奥壁
amayama7 (5)

右側壁
amayama7.jpg

左側壁
amayama7 (8)

天井
amayama7 (3)

玄室入口
amayama7 (6)

全長5mほどの石室ですが、石材は、表面がきれいに整形されています。
装飾するのには、最適では?

でも、それらしきものは、確認できません。
コメント
石室なし
この前、鹿児島・宮崎へ行ってきました。
今回はひさびさに石室なし、竪穴石室の天井石が1箇所あっただけ。
そのかわりというわけではないが、横穴はたくさんのぞいてきました。
中には意外なものもありました。(後日公開します。)
でも、小さくてもいいから石室にもぐりたい。
2010/12/08(水) 19:31 | URL | oobuta #mQop/nM.[ 編集]
石室もぐり
古墳に行って石室に入れないのは、悔しいですね。
私も今回、殿様塚が空振りだったため、急きょ、予定を変更し、以前から目をつけていた、天山古墳群へ行った次第です。
ここで石室へもぐって一安心でした。
この後、鳥栖の田代太田古墳を見学し、この周辺を回るつもりが、午前中の失敗から、地図もあり、確実な旧中原町の古墳へ予定を変更。
しかし、ここも空振り。
ところが、予定外の古墳群と遭遇。
途中で、今回は、もういいや。残りの石室もぐりはまた・・・
という贅沢な気分になってしまいました。

南九州は西都原古墳群へ35年ほど前に1回行っただけです。
小さい頃は住んでいたのに・・・
いつか、行ってみたいと思っている場所です。
2010/12/09(木) 05:54 | URL | 筑後国造 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

筑後国造

Author:筑後国造
遺跡、特に古墳、山登り、地図そして高いところが大好き。郷土の先人、筑紫国造磐井様より一部名前を拝借しております。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
タグリスト

月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示