夏は山歩き、秋から春は古墳中心の遺跡巡り。主に筑後地区ですが、いつかは、全国へ・・・

邪馬台国 ”高良山説”と七夕

邪馬台国については諸説入り乱れ、非常に楽しく、興味深いことばかりです。
古代に興味を持った最初のきっかけは邪馬台国だったような気もします。
中学生の頃、本を読みあさりました。

朝倉、女山、宇佐、八女、大和、その他諸々、本を読むたびに、感心して、私の心にはあっちこっちに
邪馬台国ができてしまいました。


卑弥呼の墓の説もある 姫御前岳
P1010146.jpg P1010213.jpg P1010211.jpg
八女の丸山古墳からのぞむ姫御前岳             
鍋底のような雌岳の横のとがった山


そしてようやくたどり着いたのが”邪馬台国高良山説なのです。

根拠は・・・
  
ふるさとの山だから????  ふるさとにあってほしいから

後はなにもなし。


祇園山古墳 (1) 祇園山古墳 (2)
卑弥呼の墓の説もある 高良山の祇園山古墳

中学生のころから一貫しています。
親魏倭王の金印が高良山から見つかれば、言う事無いのですが。
我が家の愛犬にその能力を期待したのですが・・・
かろうじて、番犬の役目は果たしているものの、散歩がきらい。
高良山に行くなんてもってのほか。        

今宵は七夕    私の織姫はもちろん卑弥呼

しかし現実は・・・・


理想どうりです。










もし、これを読まれたら大変ですから。

になってしまいますから。
コメント
初めまして
高良山のふもとに住む私としては、邪馬台国 高良山説を信じています。
散歩がてら、高良山には時々登るのですが、山上からの、筑後川の流れる筑後平野は素晴らしいものです。
この景色を卑弥呼もながめていたとしたら、嬉しくなります。
専門的なことはわかりませんが、邪馬台国 高良山説を支持します。
2009/07/17(金) 13:11 | URL | 御井町っ子 #-[ 編集]
高良山への浪漫
御井町っ子さん、初めまして。
高良山のふもとにお住いとは、うらやましいですね。
山好きの私だったら、毎日でも、高良山に登るかもしれません。
邪馬台国”高良山説”の浪漫を楽しみましょう。
2009/07/18(土) 04:08 | URL | 筑後国造 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

筑後国造

Author:筑後国造
遺跡、特に古墳、山登り、地図そして高いところが大好き。郷土の先人、筑紫国造磐井様より一部名前を拝借しております。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
タグリスト

月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示