夏は山歩き、秋から春は古墳中心の遺跡巡り。主に筑後地区ですが、いつかは、全国へ・・・

江田穴観音古墳

雨で散々となり、早々と退散した、菊池川流域の古墳訪問。

最後に江田穴観音古墳
(雨と他の見学者がいたため、古墳の外観等を撮り忘れ、最初の3枚は以前のもの)
etaanakannon (5)

etaanakannon (14)

etaanakannon (10)

鉄柵越にしか見たことがなかったのですが、実際中へ入って、その精巧な石室の構築に感嘆!
etaanakannon (4)

玄室の四壁がいずれも1枚の切石。(全体が撮れた写真がありませんでした)
etaanakannon (11)

さらに天井石までも、屋根型に加工。(写真ではよくわかりませんが・・・)
etaanakannon(16).jpg

玄室、前室、羨道のそれぞれの境石が1枚の切石の中央をくりぬいて通路としているのにも、驚き、
etaanakannon(15).jpg

後門には飾縁が設けられています。
etaanakannon (8)

玄室のコの字型屍床。
etaanakannon (6)

前室にも2つの屍床。
etaanakannon (7) etaanakannon (3)

そして、羨道左壁には数か所の顔料が確認できます。
etaanakannon (13)

etaanakannon (2)

天井にも?
etaanakannon (9)

石室内は、雨も関係なく、満足いく見学でした。

しかし、ここに至るまでのこの筑後川、菊池川流域の古墳の旅2日間。
最後は、泥だらけとなり、予定を大幅に短縮せざるをえませんでしたが、収穫の多い旅でした。

肝心の公開された古墳の訪問は、江田穴観音古墳、五郎山古墳だけでしたけど・・・

成果は徐々に公開予定
コメント
感謝感謝
 今所用から帰って来ました。 詳細な画像の報告ありがとうございます。確かに顔料が確認できますね。 文様のものなのか、一面塗りつぶしだったのか見分けが付きにくい印象です。
 弁慶が穴、大野窟古墳同様、開口が古くて住処などに使われたのか、石材表面の汚染が酷いのが残念でなりませんね。
 ここは子供の頃入ったことがあるのですが、ゲジゲジの多さに圧倒されて装飾を確認する余裕もなかったのを良く覚えています。今は居ないようですね
2010/10/24(日) 19:00 | URL | 蕨手 #-[ 編集]
装飾
今日も寄ってきました。
そしたら羨道右側にも痕跡あると説明がありました。
昨日はそんな話はなかったのにな、だれか見つけたのかな?
あの大雨のなか探訪されたのですか?
私は汚れたくないので博物館に逃げ込みました。
それと下御倉の石室を覗いてきました。
スカイ氏のブログに写真がありましたけど、その通りでカメラをつっこんで前室がやっと見える程度でした。
匍匐前進でも難しいと思います。
2010/10/24(日) 21:14 | URL | oobuta #mQop/nM.[ 編集]
お疲れさまでした。
黄金塚古墳で、どしゃ降り。古墳の中で雨宿りでした。
彩色は鮮やか過ぎるような気もしますが、検討の余地がありそうですね。
津袋古墳群はおっしゃる通りでしたが、大塚古墳の草刈りが始まったばかりでした。
公開に合わせてすべきだと、思いますが、行政の違いだからでしょうか?
肥後型屍床の立派な、古墳、横穴墓も見てきました。
まとめたら、報告します。
装飾古墳と言われてるものも、見てきたのですが、わかりません。
消滅、半壊等の資料しかないので、投稿なり、記事にしますので、よろしくお願いします。
2010/10/24(日) 21:59 | URL | 筑後国造 #-[ 編集]
顔料の痕跡は、まだまだありそう・・・
顔料の痕跡は、係の人に3ヶ所教えてもらったのですが、写真を見ると、他の場所にも写っていました。その場では気づかず、他の写真の端っこに少し写っているだけでした。
左壁の一番奥などは、はっきりと、撮りたかった・・・
右壁に至っては、説明もなかったし、うかつにも写真さえ撮っていません。
他の見学者もあり、遠慮がちになってしまいました。残念!
予備知識をもって、また行きたいものです。

2010/10/25(月) 05:15 | URL | 筑後国造 #-[ 編集]
草刈
大塚古墳の草刈してましたか、もう1週早くしてくれれば良かったのに。
頂塚古墳はさらにひどかったですね。
日曜日に中通古墳群も草刈してました。
これからが古墳巡りのシーズンですね。
私の方は写真整理がおっつかないのでぼちぼち報告しますね。
2010/10/25(月) 06:32 | URL | oobuta #mQop/nM.[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

筑後国造

Author:筑後国造
遺跡、特に古墳、山登り、地図そして高いところが大好き。郷土の先人、筑紫国造磐井様より一部名前を拝借しております。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
タグリスト

月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示