夏は山歩き、秋から春は古墳中心の遺跡巡り。主に筑後地区ですが、いつかは、全国へ・・・

戸山原古墳群

福岡県田川郡川崎町安真木

戸山原古墳1号墳(とやんばるこふん)

遠賀川流域古墳公開で公開されましたので訪問しました。
toyanbaru (5)

福岡県西方沖地震で、石室の一部が崩壊しましたが、修復され、公開されたとのことです。
あの地震の爪痕が、こんなに離れた場所にも影響があったのかと、驚きです。
(我が家では、犬があわてて走り回り、子供はスペースワールドで映像鑑賞中、座席も振動するアトラクションだと思ったそうです・・・)

toyanbaru (4)

複式の横穴式石室の保存状態も良好です。
toyanbaru (8)

奥壁
toyanbaru (2)

側壁
toyanbaru (7)

天井石
toyanbaru (12)

toyanbaru (3)

そばには、岩戸山古墳のように別区らしきものもあり、周溝も復元されています。
toyanbaru (9)

石積の様子も復元展示されています。
toyanbaru (6)

修復前のパネル
toyanbaru (10)

修復中の天井石
toyanbaru (14)


発掘調査中に3号墳が発見されましたが、埋め戻され、痕跡もありません。
toyanbaru (15)

1号墳のすぐ手前に3号墳はありました。
toyanbaru (11)

当然2号墳が気になります。
200mほど西の畑の中にありました。
toyanbaru.jpg

1号墳の石室は昔から開口していたので、装飾は確認できませんが、ありそうな雰囲気です。

周辺には、まだ相当の古墳があり、調査されるようです。
もしかして・・・

期待されます。
コメント
No title
ことし整備されたとこですね。
石室内に投光器はしょうがないとしても、すのこと扇風機はちょっとねミスマッチですね。
2010/10/17(日) 23:05 | URL | oobuta #mQop/nM.[ 編集]
No title
係の人が気を使って、快適な見学を、と配慮されていたもので・・・
でも照明の影響で、影ができるし、すのこで敷石の状態もよく見られないし・・・ というのはありました。
ただ、初心者にもわかりやすいように、発掘中のパネル写真ほか、丁寧な解説など、工夫されていたようです。
写真はとりにくかったですけど・・・
来週は筑後川、菊池川と続きますが、仕事と重なってしまっているので、思案中です。
2010/10/18(月) 07:42 | URL | 筑後国造 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

筑後国造

Author:筑後国造
遺跡、特に古墳、山登り、地図そして高いところが大好き。郷土の先人、筑紫国造磐井様より一部名前を拝借しております。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
タグリスト

月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示