夏は山歩き、秋から春は古墳中心の遺跡巡り。主に筑後地区ですが、いつかは、全国へ・・・

パワースポット第3弾 奥の院

久留米市の高良山。

高良山自体がパワースポットらしい。
中でも高良大社はその中心。
しかし、その高良大社から、さらに奥へ入った奥の院は、知る人ぞ、知る、筑後地区最強のパワースポット。

今回は山歩きを兼ねて訪問。
高良山へ登るルートは、組合せ次第で何百もあります。

今回は、高良内町の竹の子、例の富松神社の裏あたりから、奥の院へ直接登るコースを選択。

途中、岩竹1号墳を眺め、ひたすら急な坂をのぼり、休憩、休憩で約40分。

iwatake1gou.jpg

おごそかな雰囲気漂う奥の院へ。
okunoin (4)

okunoin (5)

okunoin (6)

この水が霊験あらたかな清水です。
okunoin (7)

一口頂きました。

この付近からは、成田山の観音様も見えます。
okunoin (8)

奥の院の裏から高良山の最高峰、毘沙門嶽へ。
長い階段が続きます。
okunoin (9)

そもそも、高良山という、山の頂はなく、主峰は高良大社の東約800mの、この毘沙門嶽です。
okunoin (10)

眺望はありませんが、すぐ下にはつつじ公園があり、春には、筑後平野から、この一帯がピンク色に染まっているのがわかります。

すぐそばには、毘沙門嶽城。
okunoin (2)

本丸跡
okunoin (11)

帰りは車道を通り、久し振りに礫山古墳の石棺を見て、愛宕神社から宗崎へ降り、竹の子へと戻りました。
okunoin.jpg

tubuteyama.jpg

今回は、山登りも兼ねていたので、当然一人。
何の気兼ねもなく、散策してきました。

奥の院で、参拝中の女性は、水で顔を洗っていましたが、効能があるのでしょうか?
あるとなると、家族に同行を求められますので、言いませんが・・・

ところで、肝心のパワースポットは???





2日後くらいに訪れるであろう筋肉痛がコワ~~い
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

筑後国造

Author:筑後国造
遺跡、特に古墳、山登り、地図そして高いところが大好き。郷土の先人、筑紫国造磐井様より一部名前を拝借しております。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
タグリスト

月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示