夏は山歩き、秋から春は古墳中心の遺跡巡り。主に筑後地区ですが、いつかは、全国へ・・・

豊姫宮と高良さん

”ひもろぎ逍遥’というサイトを拝見させて頂いて、我がふるさとの”高良さん”(高良大社)についての記述がありました。
その中に豊姫についての興味深い記述を見つけ、以前何気なく眺めた、上津天満宮の奥にあった神社を思い出しました。
さっそく確認へ。

上津天満宮となっていますが、本山天満宮のという名称の方が有名です。
IMG_7766-1.jpg

高良大社との由来が詳しく書いてあります。
IMG_7764.jpg

IMG_7765.jpg

奥に豊姫宮があります。豊姫神社(豊比神社)と呼ばれているようです。
IMG_7746-1.jpg

鳥居には”豊姫宮”。
IMG_7750.jpg

石祠が多数並んでいますが、その中心に3つの大きな祠があります。
IMG_7748.jpg

IMG_7747.jpg

その中央の立派な石祠が、豊姫宮です。

裏に回ると大正14年に東上村から遷し、本山天満宮に合社したという記述が。
IMG_7755.jpg

上村とは、太宰府の水城と同様の上津土塁が作られた場所です。
浦山古墳のある浦山丘陵と高良台との間の平野が狭くなっているところで、藤山道、坊津街道が交差し、現在では、国道3号線が通り、時代差はあるものの、交通の要衝です。
ちなみに、北上村古墳もこの近くです。

周辺にも高良大社にゆかりの神社があるようです。
これもいつか訪問したいと思います。

ところで、邪馬台国 高良山説(根拠は ふるさとだから しかありませんけど・・・)をとる私にとって、石祠の中にいらした豊姫様が卑弥呼に見えてきました・・・
IMG_7751.jpg


コメント
これが上津天満宮なんですね!
ありがとうございます!まさかすぐに見られるとは…。
ずいぶん立派ですね。祠の向こうが透けて見えるのは、少し高台にあるのでしょうか。やはり、他の豊姫宮のように、かつては水際だったのでしょうか。神像もとても素晴らしいですね。
お話の中の、上津土塁に関心があります。水城と同じようなものなのですね。時代的に調査結果などあるのでしょうか。水城のように航空写真で見られるならいいな。
とにかくありがとうございます。
2010/08/28(土) 13:40 | URL | 綾杉るな #xvdPNyeE[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

筑後国造

Author:筑後国造
遺跡、特に古墳、山登り、地図そして高いところが大好き。郷土の先人、筑紫国造磐井様より一部名前を拝借しております。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
タグリスト

月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示