夏は山歩き、秋から春は古墳中心の遺跡巡り。主に筑後地区ですが、いつかは、全国へ・・・

2つの才観塚古墳

八女郡広川町藤田字才観塚。
行政上、隣接しているのは久留米市荒木町藤田字才観塚。

この藤田地区に才観塚古墳があります。

荒木町の才観塚古墳は時々、サイトで見かけますし、以前何かの書籍に記述があるのを見ています。(その書籍名が思い出せませんが)
現在は畑、住宅地となり、完全消滅しているのは確認していました。

一方、広川町の才観塚古墳は、広川町の資料に載っていますが、消滅とあり、紹介の大雑把な地図では、荒木町の才観塚古墳と同じような所。
当然同じものという先入観がありました。

ところが、偶然見かけた別の資料で残存の記述。
さっそく現地確認へ。
IMG_7534.jpg

IMG_7531.jpg

墳丘はかなり削られ、石碑が残っているだけでしたが、消滅よりはまし。
荒木町と広川町の才観塚古墳の距離はわずか300m。

それぞれの名称は字名からついただけでしょうが・・・

久留米市の校区別文化財マップの古いバージョンでは、荒木校区の才観塚古墳は、当然荒木町のが載っています。
しかし、隣の上津校区のには、荒木町ではなく、広川町の才観塚古墳がのっています???

ついでに、周辺の消滅した古墳を確認しました。
茶臼塚古墳(住宅)、天神浦古墳(ビニールハウス、畑)、高塚古墳(住宅) いずれも完全消滅でした。

しかし、消滅となっている広川町のエナキ古墳(他の資料では之那木古墳、狐坂古墳とも)もちゃんと残っていました。詳細は未確認ですが。
IMG_7535.jpg

古墳の名称が変更されることはよくあるようですが、最近古い資料を中心に探しているので、判別がつかなくなっています。

さらに、確認のための頼りの地図が、頼りにならない。
ひそかに、自分用の遺跡地図を作っているところです。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

筑後国造

Author:筑後国造
遺跡、特に古墳、山登り、地図そして高いところが大好き。郷土の先人、筑紫国造磐井様より一部名前を拝借しております。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
タグリスト

月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示