夏は山歩き、秋から春は古墳中心の遺跡巡り。主に筑後地区ですが、いつかは、全国へ・・・

神功皇后伝承と古墳 神屋原八幡神社

三池郡誌に「武内宿祢九州監察として本郡に入り、黒崎に船を寄せてこの吉野の北神集原(かみわらばる)に陣す
別の文献には「供奉(くぶ)の人集う所を供永(くなが)と名づく」、とあります。

神集原が神屋原となり、供永が倉永という地名になったようです。

供永にお供が集まり、神集原に陣を張ったということでしょうか。

大牟田市吉野

神屋原八幡宮

御祭神:応神天皇

神屋原八幡宮 (3)

本殿
神屋原八幡宮 (2)

神屋原八幡宮 (1)
すぐそばにある、吉野十三塚は、説明では当時のものではないかと云われているとありますが、調査が行われ、南北朝以降のもののようです。

大牟田市吉野には、宿塚古墳という、石室が開口していた古墳がありますが、まだ近づけていません。
西側の倉永の甘木山の古墳を紹介します。

倉永古墳

古墳は消滅していますが、装飾のある石材がカルタックス大牟田に保管されています。
倉永古墳
(福岡県の装飾古墳より)


倉永茶臼塚古墳群

5基の古墳があります。

1号墳
石室は、舟型石棺とともに埋め戻されています。
倉永茶臼塚古墳

線刻のある奥壁鏡石
kuranagachausuduka (2)
(調査報告書より)

甘木山古墳群

10基が確認されています。
説明板が新しくなり、調査報告書等の号数と異なっていました。
甘木山古墳群 (1)

7号墳(説明では4号墳)
甘木山古墳群 (2)

9号墳(説明では7号墳)
甘木山古墳群 (3)


その他、甘木山には、岬ケ原古墳群が70基ほどありましたが、現在ゴルフ場となり、確認できません。

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

筑後国造

Author:筑後国造
遺跡、特に古墳、山登り、地図そして高いところが大好き。郷土の先人、筑紫国造磐井様より一部名前を拝借しております。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
タグリスト

月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示