夏は山歩き、秋から春は古墳中心の遺跡巡り。主に筑後地区ですが、いつかは、全国へ・・・

アンドレアス十字(2)

アンドレアス十字

どこかで見かけたような記憶をたどりながら、未整理の画像を見てみたら・・・

ありました。

久留米市御井町

宮地嶽神社

高良大社へ登る車道から少し入った丘の上   右は松尾芭蕉を祀る桃青霊神社
宮地嶽神社 (5)

上の画像を拡大したもので、鮮明ではありませんが・・・  2つの十字が見えます。高良山で見たような気がしたのはこれでした。
宮地嶽神社 (4)

ここにもありました。


久留米市津福今町

津福今神社の境内社

由緒、神社名(〇賦天とありますが、〇部分が欠けています)は不明
津福今神社 (4)

左扉  右扉
津福今神社 (2) 津福今神社 (1)

祠の中には、マリア様  まさに、アンドレアス十字
津福今神社 (3)


ここにも、

久留米市上津町

上津天満宮の境内社
豊姫社 (11)


豊姫社 (1)


豊姫神社
豊姫社 (13)

左扉  右扉
豊姫社 (3) 豊姫社 (2)


天神社
豊姫社 (14)

左扉  右扉
豊姫社 (7) 豊姫社 (6)


若宮八幡宮
豊姫社 (12)

左扉  右扉
豊姫社 (10) 豊姫社 (9)



更に、これはどうかな

久留米市草野町

山王宮
山王宮 (2)

宮地嶽神社

とりあえず、久留米市内を探してみました。
祠の正面からしか撮っていないものも多く、まだ見つかるかも・・・

他市町村や、由緒も調べてみたいと思います。
コメント
No title
筑後国造さん、すごいです。
感動しました。
特に津福今神社にはびっくりです。

それから上津天満宮にある祠の立派さに驚きました。
草野山王宮も。
全く知りませんでした。
佳いものを見せていただきました。
ありがとうございます。
2017/06/27(火) 21:15 | URL | 侑子 #/ZDauadQ[ 編集]
注目して撮影していないにもかかわらず、意外とありました。祠の正面しか撮影していない場合が多く、まだまだあるかもしれません。

津福今神社の祠は、小さくて、マリア像もあったため印象に残っていました。アンドレアス十字についての御指摘で、謎が解けました。神社名の一文字の一部分が欠けて読めないが気がかり。調べてみようと思います。

豊姫神社も、豪華な祠の中に豊姫様がいらっしゃいます。
この上津天満宮は、邪馬台国久留米説の候補地の1つ。
いつも連想してしまいます。

しかし、アンドレアス十字との関係は不明です。
こちらの謎も興味深いものです。
2017/06/28(水) 06:35 | URL | 筑後国造 #-[ 編集]
No title
教えて戴いた津福今神社に参拝してきました。
知らなければ見過ごしてしまうような、社殿のうしろの小さな祠。
こんな場所の写真をよく撮られていたなぁと思いました。

祠の文字ですが、私には「大辨財天」と書かれているように見えましたけれど、「辨」の字は自信ありません。
もしそうだとしたら、隠れキリシタンが弁財天にマリア様を仮託したと聞いたことがありますので、そういう祠だったのかもしれないですね。
また、津福の由来はわかりませんけれど、地名に「福」がついているところはキリシタンに関係あるとも聞いたことがあります。

ここはそれ以外にもいろいろ不思議な神社でした。
高野山の三鈷の松のように松葉が三本だったり、巴紋で梅紋を表していたり。
お祭りも賑やかなようで、古い土地なのかなと思いました。

上津天満宮も素晴らしかったです。
豊姫様の祠は光があふれていました。
社殿の彫り物なども珍しく、案内してくれた久留米在住の友人が、こんな所にこんな神社があったなんて、としきりに感心していました。
とても眺めが良く、飛岳がよく見えました。

いろいろ教えて下さってありがとうございました。
2017/09/30(土) 22:49 | URL | 侑子 #MroTSINg[ 編集]
侑子さまへ
私の情報がお役に立って良かったです。
撮影した神社の数だけは多いのですが、整理が追い付きません。
それぞれの神社の由来、神紋等興味深いものばかりです。
山中にひっそりと立派な祠があったり、神社の片隅に曰くありげに鎮座したり、興味は尽きません。

津福今神社、上津天満宮についても、近くにありながら何も知らないことを、今更ながら思い知らされています。
ところで、隠れキリシタンに関連しているのかな?という神社は他にもありました。
いつかまた他の興味深い神社とともに紹介できたらと思います。

また色々と教えてください。

2017/10/01(日) 08:33 | URL | 筑後国造 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

筑後国造

Author:筑後国造
遺跡、特に古墳、山登り、地図そして高いところが大好き。郷土の先人、筑紫国造磐井様より一部名前を拝借しております。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
タグリスト

月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示