夏は山歩き、秋から春は古墳中心の遺跡巡り。主に筑後地区ですが、いつかは、全国へ・・・

童男山27号墳

鷹尾城跡から竹林倒木の急斜面を下山.。
緩斜面を中心に探索。
ようやく、登ったところより数m離れた所に発見。

墳丘がありませんので、見過ごしていました。
童男山27号 (10)

童男山27号墳

石室入口、羨道の入口部分は埋まって石材が露出
童男山27号 (9)

羨門まぐさ石  羨道は埋まっています。
童男山27号 (8)

前室をのぞくと、埋まっています。
童男山27号 (7)

後室入口。御室の天井石は無く、中をのぞけますが、下部は埋まっています。
童男山27号 (4)

奥壁がわずかに見えます。
童男山27号 (6)

奥壁  埋まっているところに腰石があるのかもしれません。
童男山27号 (1)

左側壁
童男山27号 (3)

右側壁
童男山27号 (2)

犬尾城

何となく訪問したくなりましたので・・・

やはり、前回と変わらず、石室内は埋まっていました。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

筑後国造

Author:筑後国造
遺跡、特に古墳、山登り、地図そして高いところが大好き。郷土の先人、筑紫国造磐井様より一部名前を拝借しております。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
タグリスト

月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示