FC2ブログ

夏は山歩き、秋から春は古墳中心の遺跡巡り。主に筑後地区ですが、いつかは、全国へ・・・

朝倉橘広宮はどこに?

朝倉橘広宮

661年斉明天皇が近畿から遷都をしましたが、2ヶ月後に死去したことにより、短命に終わり、歴史からも忘れ去られようとしている都です。

九州歴史資料館での講演会を拝聴してきました。
朝倉橘広宮 (2)

比定地は、四国、太宰府、小郡等諸説ありますが、朝倉説が最も有力です。

杷木志波説

建物群跡が見つかり、宮に関するような地名が多数あることから有力とされています。
廃校になった小学校付近と思われます。
朝倉橘広宮 (5)

須川(宮野)説

大字の境界が南北一直線になっている所があり、宮の構成と一致しているのでは?
朝倉橘広宮 (7)

今回は宮野説の立場からでしたが、それぞれに説得力があります。

現在、伝承がある天子の森に『朝倉立花広宮之蹟』として碑があります。
朝倉橘広宮 (1)

全国、さらに海外にまで比定地が広がった邪馬台国に比べ、場所を特定しやすいと思われる朝倉橘広宮ですが、まだまだ謎です。

邪馬台国の朝倉・甘木説とともに朝倉市にあったらいいなぁ!

九州歴史資料館には、朝倉郡筑前町の仙道古墳出土の盾持人物埴輪も展示されていました。
仙道古墳 (1)

仙道古墳 (3)



プロフィール

筑後国造

Author:筑後国造
遺跡、特に古墳、山登り、地図そして高いところが大好き。郷土の先人、筑紫国造磐井様より一部名前を拝借しております。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
タグリスト

月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示