夏は山歩き、秋から春は古墳中心の遺跡巡り。主に筑後地区ですが、いつかは、全国へ・・・

万日山古墳  やっと・・・

万日山古墳

昭和36年発見、調査されていますので、すでに半世紀以上。
発見時には、墳丘は破壊され、石室上部も破壊され、封土があったという記述。
その後について、記載されているものを見つけられず、今でも存在しているのかも不明でした。

石室の特徴を、新熊本史に記載されているものをまとめると
①奥行12.32m 切石の技術を駆使した整備な造り
②羨道と前室の境の羨門は凝灰岩をくり貫いたもの
③羨門の奥は羨道よりやや幅の狭い前室となり、羨門側は砂利敷き、奥は切石を敷いている。
④玄室の左右には、石屋形があり、奥壁に沿って家型石棺が設置されている。
⑤石棺は、蓋、身ともにくり貫き式で、九州には数少ない機内的な家形石棺
⑥玄室の通路の下から羨道部の前面にかけて、全長12.6mの排水溝が設置されている。
万日山古墳 (15)
(新熊本史より)

こんなすごい石室。是非見たいと願っていました。

手がかりは、
①万日山の東側
②8合目付近
③取付け道路の工事中に発見
④長径18m、高さ4mの封土
⑤北西約200mのところに、径約30m、高さ4mほどの円墳状のものがあるが、古墳であるかどうかは断定できない。

これを基に、山頂から下りていきますが、いきなり崖。
続きを読む
プロフィール

筑後国造

Author:筑後国造
遺跡、特に古墳、山登り、地図そして高いところが大好き。郷土の先人、筑紫国造磐井様より一部名前を拝借しております。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示