夏は山歩き、秋から春は古墳中心の遺跡巡り。主に筑後地区ですが、いつかは、全国へ・・・

女山神籠石  長谷水門

長谷水門

長谷水門 (1)

狭い谷に築かれている。
長谷水門 (4) 長谷水門 (2)

現状では、幅7.5m 高さ2.5m  埋まっている部分を想像すると、9段の石積で3.5mほどになるようです。
長谷水門 (3)

整然とした石積。 産女谷、横尾谷の水門に比べ、表面、横目地が揃えられています。  
長谷水門 (6) 長谷水門 (2)

長谷水門 (3) 長谷水門 (7)


排水口の上の石の左右両端には、調節するため、鍵形の加工。  排水口は幅60cm、奥行きは4m70cmほど
長谷水門 (1) 長谷水門 (4)

列石は、水門のすぐ北15mの標高差の所に5石。水門から急こう配を登っていることになります。
調査書が出る前に訪問していたため、今回新たに確認された列石とは知らずに、丁寧に撮影していなかったのが残念。
長谷水門 (8) 長谷水門 (5)

ここから、前回紹介した、日子神社参道そばの列石までの約80mは列石が確認されていません。埋もれているのでしょうか?
また、長谷水門から幻の源吾谷水門までの約180mは、以前列石が確認されていますが、現在は埋まっています。

プロフィール

筑後国造

Author:筑後国造
遺跡、特に古墳、山登り、地図そして高いところが大好き。郷土の先人、筑紫国造磐井様より一部名前を拝借しております。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
タグリスト

月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示