夏は山歩き、秋から春は古墳中心の遺跡巡り。主に筑後地区ですが、いつかは、全国へ・・・

山が呼んでいる   久住山

筋湯温泉でゆっくりと露天風呂等の温泉を楽しみ、パワースポットの旅2日目。
2日目は、芸術とスリルを楽しむ予定。

さすがに、すすきなど秋の気配が感じられる、九重高原。
kujuu.jpg


九州芸術の杜へ。
kujuu (4)

榎木孝明、大野勝彦美術館、写真館などで、芸術の秋を堪能?
kujuu (3)

ここで、またしても、計画変更。

予定では、この後、九酔渓を通り、九重夢大吊橋を渡り、玖珠経由で帰るはず。

以前途中の花高原の案内の図に古墳がのっていた(古墳名は思い出せず・・・)ので、理由をつけて立ち寄り、天ケ瀬インター経由で帰る計画を練っていたのに・・・

前日大分自動車道で大きな事故。テレビのニュースを見て”ここは通りたくない”と・・・・・

”来た道を帰ればいい”、との意見。


高所大好きな私としては、何度でも九重夢大吊橋を楽しみたいし・・・
ひそかに練っていた計画もオジャン・・・

同じ道を通って帰るほどつまらないものはないので、阿蘇の外輪山の上のミルクロード、菊池スカイラインを通り、山鹿経由で帰らざるをえませんでした。

しかし、予定外の久住山の麓を通り、長者原、牧の戸峠の登山の混雑ぶりを見て、再び、しばらく遠のいている山歩きの願望がよみがえってきました。
以前登った時の写真。
kujuu (7)

そして、大観峰へ寄り、阿蘇の景色を楽しみ、あこがれのハングライダーを見物。
いつかはあのように、空を飛びたいという思いを一層募らせました。
daikanbou.jpg
daikanbou (2)

途中、菊池、山鹿と古墳の宝庫を通ったのですが、とても立ち寄る気はしませんでした。
気兼ねなく、ゆっくり楽しみたいから
プロフィール

筑後国造

Author:筑後国造
遺跡、特に古墳、山登り、地図そして高いところが大好き。郷土の先人、筑紫国造磐井様より一部名前を拝借しております。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示