FC2ブログ

夏は山歩き、秋から春は古墳中心の遺跡巡り。主に筑後地区ですが、いつかは、全国へ・・・

浮羽町 西光寺周辺の古墳(2)

西光寺のすぐそばのまるやね古墳
今回の散策の一番の目的はこの古墳でした。
なぜなら、古い資料に、”石室に円文の彩画あり”と書いてあったからです。
古墳の状態もわからず、運よく装飾を見られればと淡い期待を抱いていたのです。

墳丘は削られています。石室らしきものも見当たりません。
IMG_7552.jpg

西、南の方角で石室の入口の可能性があるのは小屋付近。
IMG_7675.jpg

小屋の裏はのぞくことさえできなかったので、淡い期待はそのままで、冬へ・・・
他の資料にはない、円文ありという、その一文に想像を膨らませ過ぎてしまいました。
失意の内に、次の古墳へ。


段の山1号墳

その異様な姿に驚嘆、驚愕。
IMG_7671.jpg

石室露呈という資料により、石積の残骸を想像していただけに、この時期特有の雑草に覆われた姿は威圧感があります。

奥壁に使われている石材でしょうか?
IMG_7668.jpg

玄室の側壁上部は左右ともないようです。そのため天井石がのっているだけに見えます。
IMG_7670.jpg

羨道部分のようです。
IMG_7663.jpg

前方後円墳ということなので、復元すると大きなものになりそうです。
今すぐにでも、草むしりをしたいくらいでした。
写真でうまく伝えられないのが残念です。
これは、冬に訪れ、草の無い状態で見ないと。

以外とショボかったりして・・・

2号墳以下は消滅ということで見ることはできませんでしたが、まだまだ期待できそうな雰囲気です。

今回、訪問した古墳は旧浮羽町役場から歩いて10分以内、車で2、3分のところばかり。
5年ほど前に、この辺りで何気なく撮ったこの写真の場所は思い出せず。
P1010011.jpg

浮羽町は中心部でさえ、こんなに興味深い古墳があるのですから、個人の庭、果樹園他にまだまだ知られていない古墳がありそうです。

場所がまだ特定できていない、興味深い古墳もいくつかあります。
今度は浮羽町の郊外へと散策を続けたいと思います。
プロフィール

筑後国造

Author:筑後国造
遺跡、特に古墳、山登り、地図そして高いところが大好き。郷土の先人、筑紫国造磐井様より一部名前を拝借しております。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
タグリスト

月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示