FC2ブログ

夏は山歩き、秋から春は古墳中心の遺跡巡り。主に筑後地区ですが、いつかは、全国へ・・・

穿戸磐(うげといわ)

穿戸磐

上色見熊野座神社の背後に大きな風穴
上色見熊野座神社 (18)

縦横10m以上の風穴
上色見熊野座神社 (15)

向いの山が覗いています。 
上色見熊野座神社 (5)

阿蘇大明神の従者、鬼八法師が蹴破って逃げ去った岩穴とされる神話が残っています
上色見熊野座神社 (4)

上色見熊野座神社の社殿が見えます
上色見熊野座神社 (16)

巨大な岩山を貫いていることから、どんな困難も必ず克服できるとして、『合格・必勝』の御利益があるとか・・・

誠に不思議な岩穴です

高良山山歩き  耳納大橋

久留米市高良内町と奥八女を結ぶ県道に架かる橋。
朧大橋の北西1.5km

八女市上陽町下横山

耳納大橋

全長150mのアーチ型橋
耳納大橋 (5)

橋全体を撮影できる所までは行けませんでしたので・・・
耳納大橋 (6)

耳納大橋 (1)

耳納大橋 (2)

高さ60mほど  やはり高い。深緑に吸い込まれそうです。
耳納大橋 (4)

八女茶を摘む姿が。
耳納大橋 (3)


高良山山歩き  朧大橋

チョックストーンに感動した長岩山から車で10分。
今度は、自然と人工の融和。

八女市上陽町下横山

朧大橋(おぼろおおはし)

全長293m  福岡県でも最大規模のアーチ型橋
朧大橋 (1)

朧大橋 (3)

朧大橋 (11)

朧大橋 (7)

高低差70mほど  足もすくむ高さ
朧大橋 (8)

朧大橋 (10)

周りは深緑の山々
朧大橋 (9)

空には飛行機雲  右下にはふるさとわらべ館
朧大橋 (5)

のどかな奥八女の山の中でした。
朧大橋 (4)


筑後川昇開橋

筑後川昇開橋

筑後川昇開橋 (12)

筑後川昇開橋 (2)

福岡県大川市と佐賀市諸富町の間の筑後川の可動橋で、船の航行時には垂直に上下しました。
筑後川昇開橋 (14)

国鉄の名残もあります。
筑後川昇開橋 (1)

現在は遊歩道として利用されています。
筑後川昇開橋 (3)

筑後川昇開橋 (4)

筑後川昇開橋 (5)

筑後川昇開橋 (6)

筑後川昇開橋 (10)

橋の延長上には佐賀県庁が見えます。
筑後川昇開橋 (11)

橋桁をちょっと上げてもらいました
筑後川昇開橋 (7)


筑後川昇開橋 (8)

今でも船が通るそうです。
筑後川昇開橋 (9)

ひそかに伝わるキリスト教

三井郡大刀洗町今

今村天主堂

キリスト教の信仰を守り続けた今村地区に、ひときわ聳えるロマネスク様式の赤レンガの聖堂  
キリシタン (6)

八角形平面の双塔  内部は高い天井、装飾、ステンドグラスで荘厳
キリシタン (1)


久留米市山川神代

安国寺

マリア観音
キリシタン (4)

キリシタン (5)

両耳にかかる毛髪のようなものにより、十字架を表現していると言われます。
キリシタン (10) キリシタン (9)



久留米市津福今町

津福今神社

神社内の祠
キリシタン (7)

聖母マリア様がいらっしゃいます。
キリシタン (8)


みやま市瀬高町北大木

子飼観音

キリシタン (3)

マリア観音と言われています。
キリシタン (2)


プロフィール

筑後国造

Author:筑後国造
遺跡、特に古墳、山登り、地図そして高いところが大好き。郷土の先人、筑紫国造磐井様より一部名前を拝借しております。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
タグリスト

月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示