夏は山歩き、秋から春は古墳中心の遺跡巡り。主に筑後地区ですが、いつかは、全国へ・・・

高橋稲荷神社  石棺は・・・

城山古墳群と同じ丘陵の南西にある神社です。

高橋稲荷神社

高橋稲荷神社 (1)

高橋稲荷神社 (2)

神殿のそばから裏山に続く遊歩道の脇に残っているかもしれない、石棺の残欠を探す予定でしたが・・・

災害復旧工事のために入れませんでした。
まだまだ、熊本地震の影響が残っているようです。

五重の塔のはずが・・・
高橋稲荷神社 (8)

上部は無残にも・・・
高橋稲荷神社 (7)

石灯籠も・・・
高橋稲荷神社 (4)

高橋稲荷神社 (9)

しかし、季節は廻ります。
高橋稲荷神社 (6)

回復も着実に・・・   しかし、失ったものが大きすぎる・・・
高橋稲荷神社 (5)

宇土市の神社

宇土市笹原町

厳島神社

厳島神社 (1)

厳島神社 (3)

厳島神社 (2)

この裏の森の中に舟の線刻がある梅﨑古墳があります。
訪問時には下調べ不足でしたので、無理に入りませんでした。

侵入路としては、丘陵の西端のこちらの方がよさそうです。

宇土市網津町

龍神社
龍神社 (2)

気になる巨石も
龍神社 (1)



古墳とは無関係ですがおもしろそうでしたので。

宇土市新開町

粟島神社
粟島神社 (1)

日本一小さい鳥居とか・・・  女性や子供がくぐると縁起がいいらしい。
粟島神社 (3)

粟島神社 (4)

粟島神社 (5)

パワースポット第2弾 国造神社

阿蘇市の国造神社
 
阿蘇外輪山の古城ケ鼻と象ケ鼻の間で、南に開けて、豊かな湧水もあり、風水上、最適の場所だそうです。
熊本では最強のパワースポットです。
阿蘇神社ほど観光化されていませんので、訪れる人もちらほら。
期待できそうです。
kokuzoujinja (2)

木漏れ日ふりそそぐ参道
kokuzoujinja (3)

鳥居は最近建替えられたようです。
kokuzoujinja (10)

社殿
kokuzoujinja (8)

阿蘇神社の北宮の額
kokuzoujinja (5)

そばに鯰を祀った社もあります。
kokuzoujinja (6)

境内右手から何か異様なものが


国指定天然記念物という”手野のスギ”の横の説明には、元国指定天然記念物と・・・
kokuzoujinja (7)

杉の巨大な切り株
asojinja (18)

そばには迫力満点の杉の根元部分
kokuzoujinja (9)

そばの案内板との比較でその巨大さがわかります。
この巨木をも倒し、天然記念物指定さえも奪った平成3年の19号台風。

この台風は、我が家の硝子も割り、物干しを1本奪っていってしまいました。
未だに行方不明です。

遠い阿蘇の地で、あの時の恐ろしさを思い出されました。

国造神社でパワーをもらって???
もらった気分になって、家族が余韻に浸っているわずかな時間の間に、上、下御倉古墳へ行ったしだいでした・・・

パワースポット第1弾 阿蘇神社

熊本県阿蘇市の阿蘇神社
今回、パワースポットの旅として、最初に選んだ場所です。
最近のブームのせいか、駐車場も満杯。
観光客も若い女性グループも多く、ちょっと???

通常は参道を散策して、心の準備をして、楼門、境内、拝殿へのはずですが、いきなり楼門。
そびえたつ楼門の豪荘さに感嘆!
asojinja (10)

楼門前の神の泉で清めてさっそく、境内へ。
asojinja (3)

楼門にかけてある、魔除けの龍
asojinja (4)

asojinja (6)

参拝をすませ、後は散策。
asojinja (9)

縁結びの願い事に霊験あらたかな、”高砂の松”
asojinja (16)

もろもろの願いがかなう、”願かけ石”
asojinja (17)

高砂の松と背後の欅、イチョウも見事です。
asojinja (11)


各所で願い事をし、写真撮影をさせていただきました。

男神を祀る、一の神殿
asojinja (8)

女神を祀る、二の神殿
asojinja (5)

ここで中央奥にある三の神殿の写真がないことに気付きました。
見えなかったのか、後でいいスポットを見つけてと思ったのか、不明です。
かろうじて、裏からとったものが。
asojinja (14)
またしてもドジです。

久留米市の田主丸町にも阿蘇神社がありますので、今度お参りしたいと思います。


楼門の前に沿った道が参道で、その先にちょっと、おしゃれな店がならんでいます。
asojinja (13)

ここにもうひとつの目的が。
馬ロッケ。馬肉が入ったコロッケです。一応、阿蘇神社へ参詣した思い出に・・・
asojinja (12)

シュークリームもあったのですが、家族により却下・・・
我が家では甘党は私だけなのです。
銀行のATMもここでは
asojinja.jpg

パワースポットである阿蘇神社でパワー?を頂いて、さらにパワー増強となる国造神社へ・・・
プロフィール

筑後国造

Author:筑後国造
遺跡、特に古墳、山登り、地図そして高いところが大好き。郷土の先人、筑紫国造磐井様より一部名前を拝借しております。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
タグリスト

月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示