夏は山歩き、秋から春は古墳中心の遺跡巡り。主に筑後地区ですが、いつかは、全国へ・・・

高良大社 リニューアル

久留米市御井町一番地

高良大社

平成の大修理の内、社殿部分の工事が終わり、10月4日の遷座祭を待っています。

久留米大学辺りより
高良大社 (6)

高良大社 (8)

社殿の御屋根の葺き替え工事と透塀、中門が塗り直されました。
高良大社 (11)

拝殿
高良大社 (1)

高良大社 (2)

正面、向拝の龍も迫力が一層増しました。
高良大社 (10)

中門は朱色が鮮やかに
高良大社 (12)

高良大社 (3)

高良大社 (9)

久留米市内を一望。
高良大社 (14)

遠く、背振山も
高良大社 (4)


麓の高樹神社の屋根も塗り替えられました。
高良大社 (5)

礫山古墳  高良山中腹の車道沿いにあります。
礫山古墳 (1)

4基の盤棺(岩盤を舟形にくり抜いた棺)が残っています。
礫山古墳 (2)

祇園山古墳  住民の保存運動により、高速道路のルートを変更させた貴重な方墳です。
祇園山古墳 (2)

墳頂には箱式石棺が見られます。草に埋もれて見えない時期でしたので、雪の降ったよく観察できた日の写真です。
祇園山古墳 (1)

孟宗金明竹から木漏れ日
高良大社 (15)

高良大社付近も少し紅葉
高良大社 (16)

本日からしばらく、紅葉を求め、東へ向かいます。

朝倉の復興を・・・  宮地嶽

テレビ報道で、宮野地区の災害現場の中継の際、背景によく写っていいました。

朝倉市宮野

宮地嶽
宮地嶽 (5)

頂上に宮地嶽神社
宮地嶽 (2)

本殿
宮地嶽 (7)

何故か かえる
宮地嶽 (8)

麓に湯隈神社
宮地嶽 (1)

拝殿
湯隈神社


頂上に宮地嶽古墳  
宮地嶽古墳

山頂ですが、全長50mの前方後円墳。
宮地嶽 (4)

中腹に湯ノ隈古墳
宮地嶽 (6)

装飾古墳で、円文、同心円文、舟、その他不思議な模様があります。しかし、退色が著しくなっています。
宮地嶽 (3)

この宮地嶽の古墳に関しては、被害調査の結果「異常なし」と報道されていましたので一安心です。
他の無名古墳については、ゆっくりと訪問したいと思います。

朝倉の復興を・・・  赤谷川沿いの神社

7月の水害から、まもなく3か月。
復興には、まだまだ時間がかかりそうですが、直前被害大きかった朝倉市杷木地区の赤谷川沿いの神社を参拝していただけに、余計気がかりです。

朝倉市杷木松末

宮地嶽神社

被害が甚大だった松末小学校の北側山上に鎮座しています。、
宮地嶽神社 (1)

長い階段が続きます。
宮地嶽神社 (2)

山上の広い社地
宮地嶽神社 (9)

拝殿
宮地嶽神社 (3)

本殿
宮地嶽神社 (4)

神殿内には、勝村社
宮地嶽神社 (6)

宮地社
宮地嶽神社 (7)

勝頼社
宮地嶽神社 (8)

ここは赤谷川が支流と合流していますので、特に被害が大きく、参拝した頃と周辺の様子が一変しています。


さらに、赤谷川を遡ると。

朝倉市杷木赤谷

高木神社

御祭神:伊弉諾尊、伊弉冉尊、高皇産霊神

山奥ののどかな神社です。
高木神社 (5)

拝殿
高木神社 (2)

高木神社 (3)

高木神社も、支流と合流している地点で心配です。


赤谷川の下流、扇状地に広がるところ。あと1kmほどで筑後川です。

朝倉市杷木林田

野津手八幡宮

祭神:神功皇后、応神天皇、玉依姫命

高台の上に鎮座しています。
野津手八幡宮n (1)

野津手八幡宮n (2)


赤谷川が筑後川に合流するところ。

朝倉市杷木林田、穂坂

杷木神籠石

数年前の水害で被害がありましたが、今回もまた被害があったようです。詳細は分かりません。
杷木神籠石 (2)

第二水門
杷木神籠石 (3)

普段はこのような穏やかな筑後川ですが・・・
杷木神籠石内、鵜木城より
杷木神籠石 (1)



八女津媛ゆかりの地へ 八女津媛神社

八女市矢部村北矢部字神窟

八女津媛神社

御祭神:八女津媛神

八女津媛 (11)

八女津媛 (10)

深緑の季節の拝殿
八女津媛 (5)

紅葉の季節
八女津媛 (1)

神社そばの広大な神ノ窟
八女津媛 (6)

媛しずく  神ノ窟からの恵みをちょっとだけ



さらに矢部の山奥に進むと
杣の里
八女津媛 (7)

八女津媛さまがいらっしゃいます。
八女津媛 (8)

帰りには、日向神ダムそばのハート岩内(右下)の、空へ舞い上がる八女津媛さまに、しばしのお別れを告げます。
ハート岩

御姿をもう少し・・・
八女津媛y

矢部川ゆかりの神功皇后、田油津姫、瀬織津姫、八女津媛、謎を秘めた女神たちとの出逢いでした・・・


八女津媛神社

瀬織津姫と古墳 八女市 釜屋神社(黒木)

矢部川左岸(右側)の立花町釜屋神社と、右岸(の左側)の黒木町釜屋神社
釜屋神社(黒木) (12)

八女市黒木町湯辺田

釜屋神社

御祭神:罔象女命(彌都波能賣神)瀬織津姫命建磐龍神・大己貴命


釜屋神社(黒木) (1)

砦のような場所に鎮座します。
釜屋神社(黒木) (11)

釜屋神社(黒木) (4)

扁額の「釜屋宮」の正しい字?
釜屋神社(黒木) (5)

拝殿
釜屋神社(黒木) (8)

本殿
釜屋神社(黒木) (9)

天然記念物の楠 
釜屋神社(黒木) (6)


黒木町では、古墳を見つけていませんので、矢部川の800mほど下流

北田形古墳群
北田形古墳群



瀬織津姫を祀る神社は、筑後地区では今の所5神社でしたが、水にまつわる伝説も多い筑後川流域にあってもよさそうな気もしますが・・・

この矢部川を、さらに遡ると、八女津媛ゆかりの地へと繋がります。
プロフィール

筑後国造

Author:筑後国造
遺跡、特に古墳、山登り、地図そして高いところが大好き。郷土の先人、筑紫国造磐井様より一部名前を拝借しております。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
タグリスト

月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示