FC2ブログ

夏は山歩き、秋から春は古墳中心の遺跡巡り。主に筑後地区ですが、いつかは、全国へ・・・

四十八塚古墳群4号石棺

四十八塚古墳群4号石棺

以前は中郡古墳の装飾石棺とされていました。
切妻形の家形石棺です。
熊本博物館の改装により、北側壁、東側壁、西側壁が同時に展示されています。
中郡古墳 (3)

中郡古墳 (7)


東側壁
中郡古墳 (1)

4個の円文があり、彫り窪め、内部が白く塗られています。
中郡古墳 (4)


西側壁
中郡古墳 (2)

2個の円文があります。
中郡古墳 (8)


北側壁
左側部分 2個の円文が見えますが、下の円文が割れています。
中郡古墳 (6)


中央から右側部分
4個の円文が見えます。
中郡古墳 (5)

中央上の円文は割れていますが、唯一同心円文です。
中郡古墳 (5) - コピー


石棺内は赤く塗られています。
中郡古墳 (10)

所々に赤い色が顕著に残っています。
中郡古墳 (9)

南側壁にも6個の円文があるとのことですが、見たいものです。

才園古墳と黄金鏡

才園古墳の出土品が熊本博物館に展示されています。

鎏金獣帯鏡(鍍金求心式神獣鏡) 
うっとりするような黄金色の鏡
才園古墳 (8)

黄金の馬具
才園古墳 (9)

才園古墳 (10)


球磨郡あさぎり町免田西

才園古墳

封土が失われ石室が露出しています。
才園古墳 (3)

才園古墳 (1)

石室入口  扉石(閉塞石)が閉まっています。
才園古墳 (2)

石室内には赤色顔料が塗られていたのが残っています。
奥壁
才園古墳 (6)

右側壁
才園古墳 (4)


高城山古墳群の中の千金甲5号墳

千金甲5号墳

高城山の南西斜面、高城山古墳群の中にあります。
千金甲5号墳 (2)

この辺りが石室の入口でしょうか?しかし埋まっています。
千金甲5号墳 (1)

石室の石材らしきものが露出
千金甲5号墳 (4)

玄室の天井部が開口。しかし、埋まっていました。
千金甲5号墳 (3)

千金甲5号墳 (6)

千金甲5号墳 (5)

石屋形があるはずでしたが、埋まっているようです。
いつか見たいものです。

高城山古墳群と石棺


熊本市小島9丁目

高城山古墳群

楢崎山の西、高城山の鞍部から斜面、頂上にかけて10基の古墳、箱式石棺、土壙墓がありましたが、大半が果樹園等の造成により消滅しました。


3号墳の舟形石棺  古墳は消滅しましたが、石棺は熊本博物館に保管されています。
高城古墳群 (5)

石棺蓋
高城古墳群 (1)

石枕もあります。赤く塗られた痕跡も残っています。
高城古墳群 (6)

高城山頂上付近にある石材? 。この辺りにあった6号墳、7号墳か?
高城古墳群 (3)

高城古墳群 (4)

楢崎山古墳群、権現平古墳群と変な岩

楢崎山古墳群

楢崎山古墳群の石屋形のある7号墳を見たかったのですが、果樹園になってしまったようで、見つけられませんでした。

2号墳

鞍部にありますが、墳頂から西側が大きく陥没しています。
楢崎山古墳群 (3)

楢崎山古墳群 (2)


権現平古墳群

楢崎山古墳群の北西、権現山の丘陵斜面に2基確認されています。

2号墳

直径11m、高さ2mの円墳で墳丘も残っていますが、開口していません。
権現平古墳群 (1)


楢崎山の頂上付近にあった二つの巨石
楢崎山古墳群 (5)

左側の石の中が空洞。金具を取り付けたようなものも見えます。線刻に見えてしまうものも。
この石は何なんでしょう?
楢崎山古墳群 (4)
プロフィール

筑後国造

Author:筑後国造
遺跡、特に古墳、山登り、地図そして高いところが大好き。郷土の先人、筑紫国造磐井様より一部名前を拝借しております。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
タグリスト

月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示