夏は山歩き、秋から春は古墳中心の遺跡巡り。主に筑後地区ですが、いつかは、全国へ・・・

陣の内古墳と石棺?

山鹿市菊鹿町下永野

陣の内古墳

竜口横穴墓群より見た陣の内古墳
陣の内古墳 (1)

7年ぶりの訪問です。
陣の内古墳 (3)

墳頂部脇に石棺の蓋?が建てられています。
陣の内古墳 (2) 陣の内古墳 (10)

陣の内古墳 (4)

羨道左側壁が、かろうじて残っています。
陣の内古墳 (9)

玄門  狭い玄室入口
陣の内古墳 (7)

奥壁
陣の内古墳 (5)

玄門 
陣の内古墳 (6)

線刻? スカイトレッカーさんと迷う。
陣の内古墳 (8)

近くからの古墳外観を、撮り損ねてしまいました。


竜口横穴墓群  円文?

山鹿市菊鹿町木野竜ケ鼻

竜口横穴墓群

10基の横穴墓が確認されています。その内の1号墓に円文があるというので確認してきました。
竜口横穴墓

竜口5号 (2)

1号墓

崖の中腹に開口
竜口1号 (5)

奥壁
竜口1号 (2)

コの字型屍床
竜口1号 (3)

中央部分の出っ張りを囲む白い円文  見ただけでは何とも・・・
竜口1号 (1)

出口
竜口1号 (4)

7年ほど前に他の横穴墓は紹介していますが、号数等が誤っていましたので・・・
続きを読む

馬塚古墳  初公開

山鹿市城字鬼天神

馬塚古墳

初公開の古墳です。

待ちきれずに、公開時間よりかなり早めに行きました。時間まで、春を堪能。
馬塚古墳 (1) 馬塚古墳 (2)

扉が開くのを静かに待つ馬塚古墳
馬塚古墳 (4)

馬塚古墳 (3)

そして、石室が・・・   感動・・・
馬塚古墳 (9)

石室内に入ることはできませんでしたが、ガラス越しではなく直接見られました。
馬塚古墳 (5)

色彩を強調しました。

第一羨門
馬塚古墳 (8) 馬塚古墳 (7)


第二羨門

袖石には、赤、青、白でモザイク状の連続三角文。  左袖石の後ろに石屋形の屋根の破片がちょっと覗いています。
馬塚古墳 (6) 馬塚古墳 (13)

王塚古墳のように、まぐさ石の上に覗き窓もあります。
馬塚古墳 (14)

後室内にも線刻による連続三角文があるようですが、見られないのは残念でした。 

今後も公開されると良いのですが・・・
装飾に影響を及ぼすのも心配です。

城山古墳群  石屋形と装飾?

熊本市西区上代9丁目

城山(じょうざん)古墳群

城山古墳一の塚

城山の最高所(約46m)にありますが、入口の鉄扉がサビついて、入れませんでした。
城山古墳群 (2) 城山古墳群 (1)

城山古墳二の塚

頂部が少し窪み、発掘跡ということですが、現状では分かりません。
城山古墳群 (4) 城山古墳群 (3)

城山古墳三の塚

墓地と道路により、墳丘の一部が、削られています。
城山古墳群 (7) 城山古墳群 (6)

狭い羨道  
城山古墳群 (18) 城山古墳群 (14)

羨道側壁
城山古墳群 (11) 城山古墳群 (10)

玄室  上半部は破壊されていますが、横穴式石室が露出しています。
城山古墳群 (5)

左側壁
城山古墳群 (9)

右側壁
城山古墳群 (8)

右側壁前には石障
城山古墳群 (13)

奥壁に沿って石屋形が設置されています。
城山古墳群 (17)

玄室出口
城山古墳群 (12)

石屋形の前の石材に三角文?
城山古墳群 (15)

左側壁の石材 舟?
城山古墳群 (16)

装飾かどうかは不明ですが・・・

万日山古墳  やっと・・・

万日山古墳

昭和36年発見、調査されていますので、すでに半世紀以上。
発見時には、墳丘は破壊され、石室上部も破壊され、封土があったという記述。
その後について、記載されているものを見つけられず、今でも存在しているのかも不明でした。

石室の特徴を、新熊本史に記載されているものをまとめると
①奥行12.32m 切石の技術を駆使した整備な造り
②羨道と前室の境の羨門は凝灰岩をくり貫いたもの
③羨門の奥は羨道よりやや幅の狭い前室となり、羨門側は砂利敷き、奥は切石を敷いている。
④玄室の左右には、石屋形があり、奥壁に沿って家型石棺が設置されている。
⑤石棺は、蓋、身ともにくり貫き式で、九州には数少ない機内的な家形石棺
⑥玄室の通路の下から羨道部の前面にかけて、全長12.6mの排水溝が設置されている。
万日山古墳 (15)
(新熊本史より)

こんなすごい石室。是非見たいと願っていました。

手がかりは、
①万日山の東側
②8合目付近
③取付け道路の工事中に発見
④長径18m、高さ4mの封土
⑤北西約200mのところに、径約30m、高さ4mほどの円墳状のものがあるが、古墳であるかどうかは断定できない。

これを基に、山頂から下りていきますが、いきなり崖。
続きを読む
プロフィール

筑後国造

Author:筑後国造
遺跡、特に古墳、山登り、地図そして高いところが大好き。郷土の先人、筑紫国造磐井様より一部名前を拝借しております。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
タグリスト

月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示