夏は山歩き、秋から春は古墳中心の遺跡巡り。主に筑後地区ですが、いつかは、全国へ・・・

不知火塚原2号墳

宇城市不知火町高良

不知火塚原2号墳

1号墳の北東30mほどのところにありますが・・・  石材が散乱しています。
塚原2号墳 (3) 塚原2号墳 (4)

かろうじて、羨道付近が確認できますが、埋まっています。
塚原2号墳 (2) 塚原2号墳 (1)

中をのぞいてみても、玄室は完全に埋まっています。
塚原2号墳 (6) 塚原2号墳 (5)

阿蘇ピンク石の刳抜玄門があるはずでしたが・・・

いつか対面できるかもしれません。1号墳のような線刻もあるかも・・・

不知火塚原1号墳

宇城市不知火町高良

塚原1号墳

封土は無く、石室の石材が微妙なバランスで保たれています。
石室 (2) 石室 (1) (800x600)

羨道付近から   奥壁
石室 (3) 奥壁

左側壁と右側壁
左側壁 右側壁

まぐさ石と天井石
まぐさ石 (3) 天井石 (4)

さて、これらの石材にある線刻は・・・

続きを読む

桂原古墳群

宇城市不知火町長崎

桂原古墳群

1号墳

石室内には、同心円文や多くの舟の線刻がありますが、見ることはできません。
桂原古墳群 (2) 桂原古墳群 (3)

桂原古墳群 (1)


2号墳

1号墳の東50mほどの果樹園の中にありますが、封土は無く、羨道と石室の腰石しか残っていません。羨道左側壁に線刻があります。
桂原古墳群 (4) 桂原古墳群 (6)

海原を航海する舟。 埋まっている部分には、波頭があるそうで、航海の様子が表現されているようです
桂原古墳群 (5)

船首部分
桂原古墳群 (7)

船尾には梯子状の紋様。
桂原古墳群 (9)

マストが立ち、帆が張られているようです。帆の右上には三角形の旗状のものがあるのですが、画像ではよくわかりません。
桂原古墳群 (8)


不知火鬼の岩屋古墳

宇城市不知火町永尾

不知火鬼の岩屋古墳

石室入口はわずかの隙間でとても入れません。背後に回ってみると、開口していました。
鬼の岩屋古墳 (7) 鬼の岩屋古墳 (6)

開口部分   墳丘下には開口部分の石材らしきものがころがっています。
鬼の岩屋古墳 (2) 鬼の岩屋古墳 (5)

狭い石室の入口は埋まり、奥壁は石棚の部分まで埋まっています。石棚の上の石材に線刻があります。
鬼の岩屋古墳 (4) 鬼の岩屋古墳 (3)

帆や櫂も見られ、迫力ある大型船です。
鬼の岩屋古墳 (1)

宇城市の古墳

再び、熊本県南部の古墳へ
公開された古墳、その他の主要古墳、装飾石材等を見終わって、陽が沈むまでの時間を利用し、旧松橋町内の古墳へ。

宇城市松橋町松橋前田

大塚古墳

前方部はかなり削られています。
大塚古墳 (2) 大塚古墳 (1)


宇城市松橋町竹崎年の神

年の神古墳

年の神古墳 (2) 年の神古墳 (1)

年の神古墳 (3) 年の神古墳 (4)


宇城市松橋町豊福栗迫

豊福古墳

封土は大部分が失われ、石室は露呈しています。
豊福古墳 (1) 豊福古墳 (4)

天井石は、半分落下しています。
豊福古墳 (3) 豊福古墳 (2)
プロフィール

筑後国造

Author:筑後国造
遺跡、特に古墳、山登り、地図そして高いところが大好き。郷土の先人、筑紫国造磐井様より一部名前を拝借しております。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示