夏は山歩き、秋から春は古墳中心の遺跡巡り。主に筑後地区ですが、いつかは、全国へ・・・

内田古墳 刳り抜き玄門?

宇城市松橋町内田

内田古墳

原形を大きく損なっているようですが、石材が露出しています。
内田古墳 (7)

羨道と玄門?
内田古墳 (1)

玄門は刳り抜き玄門のようです。
内田古墳 (4)

玄門を横から  
内田古墳 (5)

右側壁?
内田古墳 (2)

奥壁?
内田古墳 (6)

石室内の様子は不明ですので露出した石材から推測するしかありませんが、大きな円墳だったようです。

年の神古墳群 2号墳

年の神古墳群2号墳

墳丘は失われ、横穴式石室の石材が残っています。
年の神2号墳 (1)

年の神2号墳 (2)

地震により奥壁の石材が手前に倒れこみ、側壁がかろうじて支えている状態です。
年の神2号墳 (3)

仕切石で3基の屍床が備えられています。
年の神2号墳 (5)

年の神2号墳 (4)

奥壁前の屍床を奥壁が倒れ、覆っています。
年の神2号墳 (7)

玄室出口方向
年の神2号墳 (6)

年の神古墳群 1号墳

宇城市小川町北小野

年の神古墳群 1号墳

年の神1号墳 (9)

横穴式石室が露出しています。
年の神1号墳 (2)

年の神1号墳 (3)

羨道左側壁と玄門
年の神1号墳 (8)

刳り貫き玄門のように2枚の石を組み合わせています。
年の神1号墳 (4)

玄室内は、仕切石により3基の屍床が設けられています。
年の神1号墳 (5)

奥壁
年の神1号墳 (6)

墳丘は一部しか残っていません。
年の神1号墳 (7)

地震の被害は、覆屋の支柱が若干傾いた程度で古墳への影響はなかったようです。


塚原1号墳  熊本地震後

熊本地震後、まもなく2年。
地震後が気になる古墳がいくつかありましたので、訪問してみました。

宇城市不知火町高良

塚原1号墳

もっとも心配していた古墳でしたが、やはり無残な状態でした。
3年前と比較してみると・・・

東側
塚原1号墳 (10) 塚原1号墳 (5)

西側
塚原1号墳 (12) 塚原1号墳 (3)
 
羨道、玄門
塚原1号墳 (11) 塚原1号墳 (6)

まぐさ石、左側壁が落下。それに伴い、天井石が落下。
狭いが入れた石室が、完全に封鎖・・・
塚原1号墳 (9) 塚原1号墳 (1)

何よりも残念なのが 装飾。

3年前の塚原1号墳

今回確認できたのは、右側壁を外から。
そして、顔を突っ込んで、かろうじてまぐさ石の一部。
後は床面すれすれや、石材の陰やらで見えません。
塚原1号墳 (2) 塚原1号墳 (4)


左側壁や天井石等の線刻は、無事という資料もありましたが、一部石材の接触もありますし・・・
自分の目で確認したかったのですが・・・

不知火塚原2号墳

宇城市不知火町高良

不知火塚原2号墳

1号墳の北東30mほどのところにありますが・・・  石材が散乱しています。
塚原2号墳 (3) 塚原2号墳 (4)

かろうじて、羨道付近が確認できますが、埋まっています。
塚原2号墳 (2) 塚原2号墳 (1)

中をのぞいてみても、玄室は完全に埋まっています。
塚原2号墳 (6) 塚原2号墳 (5)

阿蘇ピンク石の刳抜玄門があるはずでしたが・・・

いつか対面できるかもしれません。1号墳のような線刻もあるかも・・・

プロフィール

筑後国造

Author:筑後国造
遺跡、特に古墳、山登り、地図そして高いところが大好き。郷土の先人、筑紫国造磐井様より一部名前を拝借しております。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
タグリスト

月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示