夏は山歩き、秋から春は古墳中心の遺跡巡り。主に筑後地区ですが、いつかは、全国へ・・・

城山古墳群  石屋形と装飾?

熊本市西区上代9丁目

城山(じょうざん)古墳群

城山古墳一の塚

城山の最高所(約46m)にありますが、入口の鉄扉がサビついて、入れませんでした。
城山古墳群 (2) 城山古墳群 (1)

城山古墳二の塚

頂部が少し窪み、発掘跡ということですが、現状では分かりません。
城山古墳群 (4) 城山古墳群 (3)

城山古墳三の塚

墓地と道路により、墳丘の一部が、削られています。
城山古墳群 (7) 城山古墳群 (6)

狭い羨道  
城山古墳群 (18) 城山古墳群 (14)

羨道側壁
城山古墳群 (11) 城山古墳群 (10)

玄室  上半部は破壊されていますが、横穴式石室が露出しています。
城山古墳群 (5)

左側壁
城山古墳群 (9)

右側壁
城山古墳群 (8)

右側壁前には石障
城山古墳群 (13)

奥壁に沿って石屋形が設置されています。
城山古墳群 (17)

玄室出口
城山古墳群 (12)

石屋形の前の石材に三角文?
城山古墳群 (15)

左側壁の石材 舟?
城山古墳群 (16)

装飾かどうかは不明ですが・・・

万日山古墳  やっと・・・

万日山古墳

昭和36年発見、調査されていますので、すでに半世紀以上。
発見時には、墳丘は破壊され、石室上部も破壊され、封土があったという記述。
その後について、記載されているものを見つけられず、今でも存在しているのかも不明でした。

石室の特徴を、新熊本史に記載されているものをまとめると
①奥行12.32m 切石の技術を駆使した整備な造り
②羨道と前室の境の羨門は凝灰岩をくり貫いたもの
③羨門の奥は羨道よりやや幅の狭い前室となり、羨門側は砂利敷き、奥は切石を敷いている。
④玄室の左右には、石屋形があり、奥壁に沿って家型石棺が設置されている。
⑤石棺は、蓋、身ともにくり貫き式で、九州には数少ない機内的な家形石棺
⑥玄室の通路の下から羨道部の前面にかけて、全長12.6mの排水溝が設置されている。
万日山古墳 (15)
(新熊本史より)

こんなすごい石室。是非見たいと願っていました。

手がかりは、
①万日山の東側
②8合目付近
③取付け道路の工事中に発見
④長径18m、高さ4mの封土
⑤北西約200mのところに、径約30m、高さ4mほどの円墳状のものがあるが、古墳であるかどうかは断定できない。

これを基に、山頂から下りていきますが、いきなり崖。
続きを読む

二軒小屋古墳の装飾

熊本市西区池上町

二軒小屋古墳

二軒小屋古墳 (1) 二軒小屋古墳 (2)

羨道の途中の羨門には閉塞石のためでしょうか、溝が抉られています。
二軒小屋古墳 (3) 二軒小屋古墳 (4)

すきまもたっぷり、雑なのに、何故か見とれてしまう石屋形です。
二軒小屋古墳 (5)


二軒小屋古墳 (15) 二軒小屋古墳 (6)

二軒小屋古墳 (8) 二軒小屋古墳 (7)

二軒小屋古墳 (12) 二軒小屋古墳 (11)

左側壁 右側壁
二軒小屋古墳 (9) 二軒小屋古墳 (10)

高い天井までの石組は絶妙です。
二軒小屋古墳 (13) 二軒小屋古墳 (14)

玄門を玄室内より  羨門を内部より
二軒小屋古墳 (16) 二軒小屋古墳 (20) 

さて 装飾は
続きを読む

千金甲古墳(甲号、丙号)

千金甲古墳(甲号)

千金甲古墳群 (1) 千金甲古墳群 (14)

墳丘 石室入口部分と裏側
千金甲古墳群 (15) 千金甲古墳群 (20)

石室入口は、鉄格子で厳重に保護されています。中をのぞいても埋まっています。
上の方の盗掘孔も鉄板が。
千金甲古墳群 (19) 千金甲古墳群 (16)

すぐ脇にも、鉄格子。ここものぞいてみましたが・・・  袖石らしきものの上の部分が・・・
千金甲古墳群 (18) 千金甲古墳群 (17)

熊本県立美術館装飾古墳室のレプリカ
山の中の小さな土盛りの中に、このような素晴らしいものが入っているのです。装飾古墳の魅力です。
千金甲古墳

本物を見てみたい・・・

千金甲古墳(丙号)

乙号のすぐ上にありますが、藪と金網で墳丘に近づけません。線刻があるそうですが・・・
千金甲古墳群 (4) 千金甲古墳群 (3)

千金甲古墳(乙号)の装飾

熊本市西区小島下町

千金甲古墳(乙号)

有名な千金甲古墳(甲号)の下の方にありますが、今回の主役はこちらです。
千金甲古墳群 (2) 千金甲古墳群 (5)

石室はここから覗くだけ。 石室内ははるか先・・・
千金甲古墳群 (7) 千金甲古墳群 (8)

カメラで暗闇を撮ってみました。

すると・・・


続きを読む
プロフィール

筑後国造

Author:筑後国造
遺跡、特に古墳、山登り、地図そして高いところが大好き。郷土の先人、筑紫国造磐井様より一部名前を拝借しております。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
タグリスト

月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示