夏は山歩き、秋から春は古墳中心の遺跡巡り。主に筑後地区ですが、いつかは、全国へ・・・

筑後市の古墳 消滅した古墳

現存する筑後市の古墳は,確認できたのは、3基でした。

消滅した古墳では、瑞王寺古墳が調査されていました。

筑後市西牟田

瑞王寺古墳

筑後市郷土資料館に資料、遺物が展示されています。
瑞王寺古墳 (6)

瑞王寺古墳 (5) 瑞王寺古墳 (4) 

石室
瑞王寺古墳 (1)

珠文鏡
瑞王寺古墳 (8)

鐙、鶏の埴輪等
瑞王寺古墳 (2) 瑞王寺古墳 (3)

消滅したのが惜しまれます。


筑後市水田

水田天満宮古墳

水田天満宮に古墳があったとされています。
水田天満宮 (2)

今は、すぐそばの恋木神社や肥前狛犬が有名になっていますが・・・
水田天満宮 (1) 水田天満宮 (3)

その他、赤坂古墳や石人山古墳周辺に2、3基の古墳があったようですがいずれも消滅しているようです。

筑後市の古墳 石人山古墳

筑後市大字一条

石人山古墳

階段の左側は筑後市一条、階段より右側は八女郡広川町一條
石人山古墳 (1)

石人、石棺は広川町
石人山古墳 00) 石人山古墳 (5)

石人山古墳 (3) 石人山古墳 (4)

墳丘は、前方部の南側の一部、桜が散った参道のほんの一部が筑後市。
石人山古墳 (7) 石人山古墳 (6)

石人山古墳は、行政上は筑後市、広川町の読みは同じ”いちじょう”
古代の人には関係無いでしょうが・・・

筑後市の古墳 一ツ塚古墳

筑後市大字一条字一ツ塚

一ツ塚古墳  

円墳ですが、削減により、従来の大きさ、内部主体は不明です。

北側
一ツ塚古墳 (1)

南側
一ツ塚古墳 (2)

東側
一ツ塚古墳 (3)

西側部分はかなり削減されています。
一ツ塚古墳 (5)

墳頂には、三角点
一ツ塚古墳 (4)

一ツ塚古墳の北北西150mほどに、消滅した大きい円墳があったようです。千人塚古墳でしょうか?


筑後市の古墳 欠塚古墳

筑後市には、意外と古墳は少なく、現存しているのは、わずか3基しかありません。
それらを紹介したいと思います。

筑後市大字前津

欠塚古墳

(筑後市郷土資料館の展示写真)
欠塚古墳 (14)

以前は鹿毛塚古墳と呼ばれていたようですが、現在は欠塚(かげつか)古墳公園として保存されています。
欠塚古墳 (5)

後円部から、前方部を
欠塚古墳 (9)

前方部には造出も
欠塚古墳 (8)

後円部の石室  玄室左側壁の一部と左袖石しか残っていませんでしたが・・・
欠塚古墳 (6)

羨道の痕跡が見つからなかったことから、竪穴系横口式石室と推定され復元されています。
欠塚古墳 (7)

天井石でしょうか。
欠塚古墳 (10)

筑後市郷土資料館には、出土遺物等が展示されています。
続きを読む

欠塚古墳

筑後市大字前津

欠塚古墳

欠塚古墳公園として整備されています。

筑後市郷土資料館に説明や遺物があります。

DSCF5607.jpg DSCF5610.jpg

石室の模型もあります。

DSCF5609.jpg DSCF5612.jpg

出土品の埴輪も展示されています。

DSCF5614.jpg


さて現地を見てみると、石室の下部のみが復元されていますが、元は奥壁に近くなるにしたがって、天井が低く架構されていたようです。傍らに天井石らしき石材もあります。

IMG_6857.jpg P1050009.jpg

残念ながら、筑後市には保存されている古墳としてはこの欠塚古墳しかありません。石人山古墳の一部が少しかかっていますが。
しかし、八女丘陵が筑後市を横切り、三潴まで連なっていますので、まだ未発見のものがあるのでは、と期待しています。

ところで、筑後市郷土資料館のそばには、恋木神社があります。
いたるところに、が・・・
無縁のものですが、観光地ですので一応

DSCF5646.jpg
プロフィール

筑後国造

Author:筑後国造
遺跡、特に古墳、山登り、地図そして高いところが大好き。郷土の先人、筑紫国造磐井様より一部名前を拝借しております。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
タグリスト

月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示