FC2ブログ

夏は山歩き、秋から春は古墳中心の遺跡巡り。主に筑後地区ですが、いつかは、全国へ・・・

神領古墳群

糟屋郡宇美町明神坂1丁目

神領古墳群

宇美八幡宮の北側の丘陵上に6基の古墳がありましたが、宇美公園内に現在は4基が残っています。

神領1号墳
横穴式石室がありますが、埋め戻されています。
神領古墳群 (8)

説明版より(ちょっと破けていますが)
神領古墳群 (4)

神領2号墳
神領古墳群 (9)

神領古墳群 (3)

墳頂のこの辺りに竪穴式石室や割竹形木棺があったようです。
神領古墳群 (5)

神領3号墳
神領古墳群 (7)

葺石らしきものも 右上に少し見える屋根が
神領古墳群

宇美八幡宮の奥宮で3号墳の南側の墳丘を削って鎮座しています。
宇美八幡奥宮 (4)

神領4号墳
墳丘はほとんど分かりません。
神領古墳群 (6)

葺石?
神領古墳群 (1)


松ノ尾古墳群

糟屋郡志免町吉原

松ノ尾古墳群

平成の森公園内に10基の古墳があり、その内7基が方墳です。
松ノ尾古墳群 (1)

1号墳~3号墳 3基の方墳が3段に並んでいます。
松ノ尾古墳群 (13)

4号墳 方墳
松ノ尾古墳群 (5)

5号墳 方墳
松ノ尾古墳群 (6)

6号墳 円墳
松ノ尾古墳群 (7)

7号墳 方墳
松ノ尾古墳群 (8)

8号墳 方墳
松ノ尾古墳群 (12)

9号墳 墳丘は消失し、石棺系竪穴式石室が復元されています。
松ノ尾古墳群 (3)

松ノ尾古墳群 (2)

10号墳 最高所にありますが、埋め戻され痕跡無し
松ノ尾古墳群 (9)

10号墳のそばの展望台からは、福岡タワーが望めます。
古代の人も博多湾を眺めたのでしょうか?
松ノ尾古墳群 (11)

七夕池古墳

糟屋郡志免町田富

七夕池古墳

全長29m、高さ3mの円墳
光正寺古墳から見た七夕池古墳
七夕池古墳t (2)

七夕池古墳t (5)

被葬者は40歳代の女性。女王だったのでしょうか?
七夕池古墳t (3)

光正寺古墳とのツーショット
七夕池古墳

七夕池古墳と南に光正寺古墳

光正寺古墳

糟屋郡宇美町光正寺3丁目

光正寺古墳

復元ではありますが、全長54mの端正な前方後円墳
光正寺古墳 (4)

七夕池古墳から見ると、住宅地の中に聳え立つ姿より一層際立ちます。
光正寺古墳 (7)

この角度から見た前方後円墳がお気に入りです。
光正寺古墳 (1)

前方部から後円部を
光正寺古墳 (2)

後円部から前方部を
光正寺古墳 (3)

石造りの光正寺古墳
光正寺古墳 (6)

宇美町立歴史民俗資料館にある整備前の光正寺古墳
光正寺古墳 (9)

後円部の頂部には、箱式石棺、割竹形木棺、合口土器棺と5基の埋葬施設があったようです。
光正寺古墳 (8)


山の神古墳公園

糟屋郡久山町久原

山の神古墳

昨年訪れた時は、発掘調査中でしたが、今年古墳公園として整備されました。
山の神古墳 (2)

山の神古墳 (8)

封土は削られ、天井石が露出しています。
山の神古墳 (3)

山の神古墳 (7)


山の神古墳 (4)

石室入口   何か異様・・・
山の神古墳 (6)

玄室は写真パネル。
山の神古墳 (9)

調査終了時には、玄室入り口は閉塞されていました。
発掘担当者の方が公園化に伴う公開を、石室が狭いため、パネルを使おうと考えているとのことでしたが、当時その意味が理解できませんでしたが、この前にパネルを置き、玄室内を覗いた気分になれるというわけです。
山の神古墳 (5)

少しでも、古墳の石室を実感できるようにと、苦肉の策のようです。
山の神古墳も、先日の現地説明会を逃してしまいました。残念です。


プロフィール

筑後国造

Author:筑後国造
遺跡、特に古墳、山登り、地図そして高いところが大好き。郷土の先人、筑紫国造磐井様より一部名前を拝借しております。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
タグリスト

月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示