夏は山歩き、秋から春は古墳中心の遺跡巡り。主に筑後地区ですが、いつかは、全国へ・・・

弘化谷古墳公開、そこで再び・・・

八女郡広川町広川字弘化谷

弘化谷古墳

秋の石室内壁画の公開です。
弘化谷古墳 (2)

弘化谷古墳 (1)

装飾は、ほとんどわからなくなっています。
弘化谷古墳 (3)

弘化谷古墳

石屋形の天井部分の三角文は、はっきりとみられます。
弘化谷古墳 (9)

左上の靫の一部、中央の靫の緑が何となく・・・
弘化谷古墳 (8)

左側の円文、同心円文は確認できますが、その右の双脚輪状文は、わずかに緑の部分が。その下の緑の三角文と赤い点がかろうじて・・・
弘化谷古墳 (5)

右上は赤い顔料が、確認できる程度です、
弘化谷古墳 (4)

右下も赤と緑の顔料があるかな~くらい・・・
弘化谷古墳 (6)

石室内で、背後に視線を感じ、振り返ると・・・
続きを読む

石神山古墳と花

みやま市高田町上楠田

石神山古墳

水仙と桜が咲いていました。
石神山古墳 (1) 石神山古墳 (2)

石神山古墳 (3) 石神山古墳 (13)

前方部   石棺の石蓋らしきものがあります。 
石神山古墳 (12) 石神山古墳 (11)

石神山古墳と言えば・・・


続きを読む

相撲場古墳群(4)

3号墳

開口部は狭いですが、何とか入れます。
相撲場3号 (6) 相撲場3号 (4)

前室入口  まぐさ石を支えているような棒状の石。 折れてしまったまぐさ石。
相撲場3号 (3) 相撲場3号 (7)

前室から見ると、巨石をなんとか支えています。
相撲場3号 (2) 相撲場3号 (15)

前室の側壁。適当な大きさの石の組み合わせ。
相撲場3号 (2) 相撲場3号 (1)

しかし、後室に入ると、そこには一転して、整然とした石積み。方形の石室で、奥壁に鏡石は無く、低い腰石が囲んでいます。
相撲場3号 (8) 相撲場3号 (14)

持ち送りの石室上部は、割石ではなく、壁面も粗くなっています。
相撲場3号 (9) 相撲場3号 (10)

側壁  小石で隙間を埋め、粘土も残っています。
相撲場3号 相撲場3号 (1)

後室入口の袖石
相撲場3号 (13) 相撲場3号 (12)

玄門
相撲場3号 (11)

以上は、フラッシュを使って撮影していますが、照明のみですと・・・
続きを読む

相撲場古墳群(3)

鶏塚の北側の森の中に4基
神籠石側の西から仮に1号墳とします。

1号墳

墳頂が陥没しています。
1号墳 (2) 1号墳 (1)

2号墳

わずかに開口。カメラだけしか入りません。
2号 (4) 2号 (6)
 
3年前の右の写真に比べ、土砂などによりさらに狭くなっています。
2号 (5) 2号 (3)

3年前の石室。今回はまったく写せませんでした。
2号 (1) 2号 (2)

4号墳

4号 (4) 4号 (1) 

羨道でしょうか?
4号 (2) 4号 (3)




相撲場古墳群(2)

鶏塚古墳の東側、道路をはさんだ小山の頂上に1基。

開口はしていませんが、石室の一部が露出しています。
鶏塚東 (4) 鶏塚東 (2)


石材らしきものもあるようですが、埋まって確認できません。北側部分は道路で削られています。
鶏塚東 (1) 鶏塚東 (3)

鶏塚古墳を、見下ろす位置にあり、さらに立派な石室が眠っているかも・・・

鶏塚古墳の南、道路をはさんだところに1基
鶏塚南 (3)

石材が少し露出しています。石室入口あたり?、玄室あたり?
鶏塚南 (5) 鶏塚南 (4)

3年ほど前はもう少し顔を見せていましたが・・・
鶏塚南 (1) 鶏塚南 (2)


プロフィール

筑後国造

Author:筑後国造
遺跡、特に古墳、山登り、地図そして高いところが大好き。郷土の先人、筑紫国造磐井様より一部名前を拝借しております。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示