夏は山歩き、秋から春は古墳中心の遺跡巡り。主に筑後地区ですが、いつかは、全国へ・・・

長野古墳群(2)

長野古墳群A群の内1~5号墳を紹介しましたが、石材が残る6号墳は特定できず。

しかし、さらに山林を探索してみると・・・  史跡地図に載っていない古墳に遭遇。

長野古墳群 A7号墳(仮称)
長野A-7号 (9)

玄室入口付近が開口
長野A-7号 (7)

腰石、整然と積まれた積石
長野A-7号 (8)

奥壁
長野A-7号 (1)

左側壁
長野A-7号 (2)

左側壁
長野A-7号 (3)

右側壁
長野A-7号 (4)

玄門付近から入口部分は埋まっています。
長野A-7号 (6)

石室内より開口部分を
長野A-7号 (5)

長野古墳群 A8号墳(仮称)
長野A-8号 (3)

玄室天井部分が開口
長野A-8号 (1)

石室内がほとんど埋まっていたため、中には入らず。
長野A-8号 (2)


付近には、まだまだありそうです。

長野古墳群(1)

八女市長野

長野古墳群

左から1号墳~4号墳  3号墳と4号墳の間に小さな5号墳
長野古墳群
(長野古墳群調査報告書より)

2号墳
長野2号 墳 (9)

現在残っているのは2号墳だけです。
長野2号 墳 (1)

石室は塞がれています
長野2号 墳 (2)

羨道左側壁
長野2号 墳 (4)

羨道右側壁
長野2号 墳 (5)

隙間から、チョットだけ石室内を  
長野2号 墳 (7)

左側壁
長野2号 墳 (8)

石室入口に置かれた地蔵尊が描かれたものは、3号墳そばにあった近世の墓石だったようです。
長野2号 墳 (3)

消滅した3号墳には石棚がありました。
長野3号墳 (2)

残念です。
長野3号墳 (1)



本古墳群

八女市本

本古墳群

7基の古墳が、丘陵上に東西に1列に並んでいます。

1号墳

墳丘は削られていますが、石材が残っています。
本古墳群 (10) 本古墳群 (9)

2号墳

石材らしきものがある、ここかな?
本古墳群 (8)

3号墳

墳丘も石材も無く、確認できませんでした。

4号墳(真浄寺3号墳)

径30mを超える大きな古墳のようですが、竹、草の繁茂で詳細は確認できません。
本古墳群 (5)

5号墳

径20mほどですが、葺石らしきものが見られます。
本古墳群 (3) 本古墳群 (4)


6号墳(真浄寺2号墳)

径41mの大きな円墳で2つの石室があります。(現在は埋め戻されています)。  2号石室から出土した短甲(旧岩戸山歴史資料館)
本古墳群 (7) 本古墳群 (11)

1号石室は、墳丘の中心よりやや西寄りに、2号石室は、中央やや南寄りにあり、調査されていない北寄りに、まだ石室が眠っているかもしれません。
本古墳群 (2) 本古墳群 (1)
 (八女市史より)

7号墳

6号墳の墳頂から見た7号墳跡。家の下方、畑の境あたりにありましたが消滅。赤色顔料が塗られた板石が2枚あったようです。
本古墳群 (6)

真浄寺1号墳が、6号墳の西75mにあったようですが、確認できません。


釘崎古墳群11号墳  近況・・・

八女市豊福

釘崎古墳群

11号墳
釘崎11号墳 (2)

釘崎11号墳 (7)


装飾がありますが、今まで石室入口が埋まって見ることができませんでした。

久しぶりに、淡い期待をいだいて訪問してみましたが・・・。

右側にわずかに開いていた穴も、さらに埋まり、カメラも差し込めません。釘崎11号墳 (1)

以前はこのくらい開いていたのですが・・・
釘崎11号墳 (4)

以前は、こんな風にカメラだけに石室の一部をのぞかせてくれていたのですが・・
釘崎11号墳 (5)

この右袖石の泥の塊あたりに、赤い円文が
釘崎11号墳 (3)

10年ほど前、展示された装飾です。ガラス越しの撮影でしたので、余計なものが写っています。
釘崎11号墳 (8)

石室とともに、見てみたいものです。

大塚古墳

茶臼塚古墳の西南西250mほど

大塚古墳

二段築成の円墳
大塚古墳 (15)

大塚古墳 (1)

石室入口  すぐそばに民家があるためこの角度からしか・・・
大塚古墳 (2)

入口から後室まで、立ったままで入れます。框石も残っています。
大塚古墳 (14)

後室入口
大塚古墳 (3)

奥壁は巨石
大塚古墳 (4)

側壁はさらに大きい巨石
大塚古墳 (6) 大塚古墳 (5)

後室出口
大塚古墳 (7)

袖石も巨石
大塚古墳 (9) 大塚古墳 (8)

前室出口
大塚古墳 (10)

前室の側壁も巨石
大塚古墳 (12) 大塚古墳 (11)

羨道 
大塚古墳 (13)

汚れずに入った石室は数少なく、物足りないような・・・
久しぶりでしたが、巨石に再び、圧倒されました。
プロフィール

筑後国造

Author:筑後国造
遺跡、特に古墳、山登り、地図そして高いところが大好き。郷土の先人、筑紫国造磐井様より一部名前を拝借しております。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示