夏は山歩き、秋から春は古墳中心の遺跡巡り。主に筑後地区ですが、いつかは、全国へ・・・

パワーを求め、高千穂へ  結果は・・・

道の駅 高千穂
高千穂 (5) 高千穂 (4)


高千穂 (6) 高千穂 (7)


高千穂峡で食べた昼食の高千穂牛の牛丼、渓谷蕎麦。 
客足が途絶えた時間帯なのに、牛丼と蕎麦なのに・・・    40分待ちました。
おいしかったのですが、時間のロスが・・・  それに下がり気味だったのがさらに・・・
高千穂 (1) 高千穂 (2)



トンネルの駅  (神楽酒造が、焼酎を建設中止になった鉄道トンネルを利用して貯蔵しています)
高千穂 (10)


高千穂 高千穂 (8) 

敷地内には
高千穂 (13) 高千穂 (14)

そばには滝もあります。
高千穂 (12) 高千穂 (11)

パワーを求めて、訪問した高千穂。

その結末は・・・

天安河原、天岩戸神社、高千穂神社、高千穂峡
パワーを頂きました。
時間の余裕があれば、さらなるパワーの秋元神社へ行きたかったのですが・・・

しかし、家族は逆に・・・

おみくじが、中吉⇒吉⇒小吉⇒末吉    引くたびに機嫌が・・・

おみくじを引けるところは、3カ所だったような気もするのですが・・・

天安河原、高千穂峡ではさすがに、心穏やかに堪能しているようでした。

帰りにトンネルの駅で焼酎を買ってから、少しは機嫌も上向きだったのですが、阿蘇で車が大渋滞。
また・・・

ちなみに、私はここ10年ほど、おみくじを引いたことはありません。

パワーを求め、高千穂へ  くしふる神社

くしふる神社

漢字を見つけるのに苦労しそうだったので、これでお許しを

くしふる神社 (1)

くしふる神社 (8)

くしふる神社 (7)

くしふる神社 (6)

くしふる神社 (3)

本殿の彫刻が、よく見ると素晴らしい。一部しか撮影しなかったのが残念。他にも色々とあったようです。
くしふる神社 (4)

くしふる神社 (5)

高天原遥拝所までは、行けませんでした。残念。


ここで、さらに、さらに下降・・・・・・?

パワーを求め、高千穂へ  高千穂神社

もうひとつのパワースポット

高千穂神社

高千穂神社 (5) (800x600) 高千穂神社 (17) (800x600)

本殿、神楽殿
高千穂神社 (16) (800x600) 高千穂神社 (2) (800x600)

高千穂神社 (3) (800x432)


鉄造狛犬(国指定重要文化財)、本殿の祭神彫像(三毛入野命が鬼八を退治する様子)
高千穂神社 (9) (800x600) 高千穂神社 (18) (800x600)

高千穂神社 (10) (600x800) 高千穂神社 (19) (600x800)

鎮石
高千穂神社 (6) (800x600) 高千穂神社 (8) (800x600)


秩父杉夫婦杉
高千穂神社 (15) (800x600) 高千穂神社 (11) (800x600)

高千穂神社 (14) (600x800) 高千穂神社 (12) (600x800) 


10年ほど前に参拝した時には、早朝であったためか、無人の境内で、静寂と神々しい雰囲気を味わったものでしたが、今回は、連休中でもあり、大勢の人で賑わっていました。車も離れたところへ駐車し、シャトルバスでの移動。

前回はまだ無かった狛犬。
高千穂神社 (20) 高千穂神社 (21)


静寂とは、ほど遠いものの、樹木から伝わるパワーは感じられました。 
かな?

高千穂神社 (13) (600x800)


でも、何故か・・・     下降気味・・・・・・・
 

パワーを求め、高千穂へ  天安河原

天岩戸神社から天安河原へ

西本宮より、岩戸川沿いを歩きます。

天安河原 (2) (800x600)

八百萬の神が、天照大神の岩戸隠れの際、相談した場所とされる仰慕窟(ぎょうぼがいわや)
天安河原 (6)

幅40m、奥行30mの洞窟です。
天安河原 (1) (800x600)

天安河原 (3) (800x600)

天安河原 (5)

天安河原 (7)

願をこめて積まれた無数の石積み
天安河原 (4)

まさに、パワースポットにスピリチュアルスポットがプラスされた厳かな空間でした。

規模は小さいのですが、同様の雰囲気を八女津媛神社の神の窟でも味わったのを思い出します。

人気の場所なので、朝にもかかわらず、たくさんの人。
人を入れずに撮影することはできませんでした。

パワーを求め、高千穂へ  天岩戸神社 東本宮

離れた所へ駐車し。シャトルバスでしか近づけなかった西本宮の賑わいと違い、岩戸川をはさんだ対岸にある東本宮は閑散としていました。

天岩戸神社 (8)

鈿女がお出迎え。 近づくと回転し、神楽を舞ってくれました。
天岩戸神社 (9)

拝殿まで続く長い階段。このひと時の静寂も、参拝時の雑念を払うのに大切です。
天岩戸神社 (3)

天岩戸神社 (10)

東本宮拝殿
天岩戸神社 (11)

拝殿のみの西本宮と違い、本殿も備わっています。
天岩戸神社 (12) (800x600)

さらに奥には、御神水もありましたが、遠方から水汲みに来てありましたので、遠慮しました。
その先に七本杉や、天岩戸の洞窟がありますが、聖なる場所で禁足地とされ、入れません。
天岩戸神社 (13) (800x600)

今回の高千穂の旅で唯一、神聖な気持ちでお参りできたところかもしれません。
プロフィール

筑後国造

Author:筑後国造
遺跡、特に古墳、山登り、地図そして高いところが大好き。郷土の先人、筑紫国造磐井様より一部名前を拝借しております。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
タグリスト

月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示